AIの論点整理 2017

買い物をするために入り口でスマートフォンをかざして店内に入る。そして、自分の欲しいものを自分のバッグに入れていき、帰るときにもう一度スマートフォンをかざす。店内のコンピュータがお客の動きと商品を追跡し、スマートフォンで瞬時に決算が終了する。これはアマゾン本社1階にあるAIを駆使した店舗である。ここまで進歩はしていないものの、スーパーなどのレジは一部機械化され、高速道路ではICカードの使用が一般的になりつつある。 最新のAIは膨大な量のデータを分析して自己学習をするディープラーニングという手法が取られている。従来の手法と違い、コンピュターが自動学習する。工場内でプログラミングされていた産業ロボットなどが、人間を対象にしたサービスまで行うことができるようになり、私たちの生活に溶け込んでくるのである。囲碁や将棋の世界では、人間の棋力ではAIに勝てないところまできている。オズボーン博士は2013年に20年間で47%の仕事が自動化されると推測している。また、AIが完全に人間の能力を超える時(=シンギュラリティ)は2045年だと推測されている。 AIの根底には、資本主義におけるコスト削減があり、つまり、単純作業などのマニュアル化された仕事はAIに任せれば良い。従って、これからの競争社会で求められる人材は、AIでは届かない領域となる。私は、それは「想像力」と「心」だと思う。数式やパターンでは導き出せない、社会や他者のニーズなどを作り出せる力と、人間同士の関わりの中でしか生まれてこないものを創り出す能力である。 例えば、こんな将来が来るだろう。もしあなたが原因不明の体調不良を患ったとする。そこ

ヤフコメは廃止すべき

世の中の考え方や意見は十人十色だ。しかし、ほぼ一色の世界がヤフーコメント欄だ。いくつか見て欲しい。ある記事に対してコメントが書かれると、そのコメントと同内容が書き込まれる。「そう思う」ボタンに多くの賛同者が集まる。しかも、極端な差別主義者・愛国主義者が集まっている。ポータルサイトでの言説は恥ずかしい限りである。 例えば、彼らは、ネット右翼と呼ばれ、「韓国人は出て行け!」といったヘイトスピーチを繰り返す。それは排他主義的でヘイトだと指摘すれば、原因は相手側にあるとい、言論の自由を持ち出す。議論を続けても最終的には「お前は在日」と罵られて終わる。議論が出来ない人々である。政治面だけではなく、ゴシップ記事に対しても、主張に妥当性がなく、誰かが言った主張をただ繰り返すだけである。実に馬鹿げている。過度な排他主義はいじめの構造と同じである。 いわゆるネット右翼が出現してしまう理由はいくつかある。当初は、ニートが多数を占めていると言われてたが、「ネトウヨ=弱者」という図式は当てはまらない分析もある。むしろ社会に対する承認要求や孤立感が高い場合などに他人との感情の共有で自分を守ろうとするのだと思う。実際、彼らは、「~は国民の総意」「日本人として~」といった言葉を非常に好む。ただし、所詮は、右に倣えの「共感ごっこ」で感情論だ。2014年度の総選挙の結果が彼らの屁理屈が現実と乖離していることを明白に証明している。 掲示板の内容は、見るに堪えない低俗なものとなっている。実際、生粋の右翼・保守からは煙たがられる存在であるという。本当に「民度」が低いのは誰なのか。便所の落書きを全世界に公開するのは残念

早慶戦?慶早戦?

世間で話題となったポスターがある。左半分の背景色はエンジ色。同様に右半分は青色。そこにそれぞれ一人ずつチアリーダーの女性が斜め45度で向き合って立っている。「ビリギャルって言葉がお似合いよ、慶應さん。」「ハンカチ以来パッとしないわね、早稲田さん。」 早慶戦は、「早慶戦」というスポーツなのかもしれない。選手の回顧録には、「早慶戦ならではの重圧」(野球:茂木栄五郎)や「自分の声が聞こえないほどの大歓声」(剣道:本川愛梨)といった大学名を背負った負けられない緊迫した伝わって来る。 選手だけではない。応援する側も必死になるのがこの伝統戦だ。チアリーダーは背後の選手の躍動すら見ることもできず、ただひたすら勝利を信じて応援を続ける精神力は驚嘆のものがある。また、相手校への尊敬や仲間意識を踏まえた心からの叫びが聞こえてくる。「今だからこそ『慶應は好き』(チアリーダー:宍戸梨乃)と言えます。」 早慶戦のポスターのキャッチフレーズはかなり面白い。「勝ったチケットはお守りになる」「ナントカボーイズとか自分で言うヤツらには負けたくない」「おぼっちゃまは強いよ。心の余裕が違うからね」結局、「早慶戦」なのか「慶早戦」なのかは観戦者次第なのだろう。 ※参考文献 早稲大学校友会、(2017.10) 、『早稲田学報』

『できる人の教え方』 〜5者たれ!満足度×伸び率!〜

大学院時代は手元に持ち歩いていた「愛読書」だ。2ページ目にある切り取りできる教え方のシンプル項目は、コピーしてからデスクマットに挟んで使用した。英検主催の講演会では、サインをもらって激励の言葉をもらったのを覚えている。 この本が優れているのは、学者などが教育学的に示す理論的な根拠ではなく、筆者の持っている具体的なテクニックそのものである。それもマニアックなものではなく、汎用的なものばかりである。そして、それが段階や内容によってシンプルにまとめられているので実践に移しやすい。また、体験談から導かれる指南は、同じ境遇の立場にいる者にとっては大きな勇気を与えるものにもなっている。格言に近い成功者の直伝のメッセージだ。 「教師たるもの5者たれ」は、私の大きな道標だ。例えば、「100を知ってこそ1を教えられる」=「学者」、「人を惹きつける力を追っているか」=「役者」であれといったことだ。だから私は、英語教育に関わるのであれば、英検1級は持っているべき(最低でも準1級以上は必須)だと思う。また、生徒の習熟段階に応じた対応や講義内容の構成方法、配布資料の工夫まで幅広く技術が紹介されている。知っておけばすぐに使えるものばかりだ。 教えることの最大の目標は、「満足度x伸び率」であるという。生徒や受講者から評価が高くとも、相手に何も伝わっていないのであれば意味がない。そして、そのまた逆のしかりである。しかし、「満足度x伸び率」の可能性を信じて、日々研鑽するもが教えるも者の試練である。この本はその大きな一助になるのである。 ※参考文献 安河内哲也、(2007)『できる人の教え方』(中経出版)

ダイバーシティ

100人中およそ13人。左利きの人の割合に近い。周りを見渡せば左利きの人が特別視されることはほとんどない。実はこの13パーセントという数字は、LGBTの割合と同じでもあるのだ。「半径5メートルの課題」(薬師美芳)という言葉の裏に当事者の苦しみが現れている。 今、ダイバーシティという言葉が使われるようになった。「多様性」と訳される。「個人のあらゆる属性のこと」(谷口真美)で、人種・障がいといった表層的なものと、習慣・性的嗜好・職歴といった深層的なものまで真相の部分に分かれる。chハーフであることの差別や父親としてのあるべき姿を求めるなど様々な活動や意識改革が行われている。 ダイバーシティということばを最初に聞いたときは、正直「今さら?」という気持ちが大きかった。教育学の中では、自他尊重や国際理解といった概念はあたりまえだからだ。でも、実態はまだ未熟ということだろう。当事者にしか分からない苦しみは表面に出にくいのだと思う。 世の中から排除しければいけないのは、「区別」だ。多様性の問題の多くは、この「差別・差別感」ではないだろうか。ただし、努力や結果は正当に評価されなければならない。多様性の問題を、例えば、就職採用率といった数字でのい評価するのは妥当ではない。特にビズネスでは戦略的に多様性を考えることが求められている。意識しないことを意識する社会が来ることを望んでいる。 ※参考文献 早稲大学校友会、(2017.8) 『早稲田学報』

早稲田大学医学部?

早稲田大学(早稲田専門学校)の設立当時は、医療従事者ではなく政治家の排出に重きを置いていた。また、1981年以降は医師過剰を考慮し、医学部新設は乗り遅れた格好になっている。そのため、ハーバードや東大・慶応といった名門校が当然持っているべき財産を持っていない。 知識や技術、設備や人材が揃うところには、医学部を新設しても良いと思う、医師過剰になるかどうかは、教員採用試験と同様に一定の基準や設定すれば良い。逆に、大学入試の学力試験でのみ医師の適性を見る方が危険である。国際競争社会の中で世界中の国で医療分野を開拓する選択する方法もある。学生が未開の地で医療を整備する戦略を取れるのも総合大学の強みである。 早稲田大学の魅力の1つは、ー非常にいやらしい言い方ではあるがーそのブランド力であること否定できない。だからこそ多くの学生が全国から集結する。医学部設立のための規制緩和と国家試験の強化は1つの国家戦略である。 ※参考文献 早稲大学校友会、(2016.8) 『早稲田学報』

ラーメン食べ歩き紀行(9) 濱虎屋 〜お子様メニューが無料〜

大井町の英気から歩いて数分のところにある横浜家系ラーメン。子どもと品川水族館の帰り道に寄ったのだが、サービスと味の質の高さに感激した。 お子様ラーメンは無料なのだ。子どもと2人で入っても、大人一人の料金でお昼ご飯が食べられる。だから追加トッピングも頼みやすい。 卓上には必要な調味料等が十分にそろっている。自分で思う存分調整できる、ニンニクなどは頼まないと行けない。ただ、お願いすれば容器ごともらえる。ただ、一定時間経つと回収されてしまうので注意。できたら卓上に置いておいて欲しい。 味は横浜とんこつ家系ラーメンの王道をいっている。癖もなく、家系といったらこの味と思える。それにしても、特筆すべきはお子様ラーメンだ。ただ、量が少ないだけではなく、味が薄めに調整しているのだ。その日は女性店員は見当たらなかったが、子どもへの気配りが嬉しい。 美味しい店は多いが、子ども連れでのお得感が嬉しかった。お腹いっぱい、満足です。 「ねぇ、なんで入口のドアにベルがついてるの?」 「お客さんが来たときと、帰る時にご挨拶できるからだよ」 チリンと鳴らす価値があるお店だ。

大学入試の英文法対策

大学入試の英文法は、英検やTOEFLなど試験に比べてマニアックな部分が多い。日常的に使用しなくても、受験英語の世界では必須のものがある。ただし、近年は英語教育の変化に伴い、実用的な出題も多くなっている。しかし、以下に提示する参考書を徹底的にやればほぼ問題はない。 『入試英文法マニュアル』(対象偏差値40~55)は、各ページの先頭に問題があり、その解説と関連する頻出事項が丁寧にまとめられている。分量もそれほど多くないので、基礎から丁寧に理解できる。まさに「マニュアル」である。『英語頻出問題演習』(対象偏差値50~70)は、ある程度大学入試英文法の基礎が出来たら取り組む必須の参考書である。文法・語法から発音・アクセントまで幅広く対応している。また、『Next Stage』(偏差値45~65)は、その橋渡し的な難易度になっている。簡潔な解説でセンター試験を中心に上記の2冊の補足演習として活用すると良いだろう。 文法の勉強法は、間違えた問題を音読して反復することが近道だ。解答の根拠を正しく導けるのであれば答えを覚えてしまっ構わない。何度も正しい英文を頭に叩き込むことで矯正を行っていく。間違えた問題にはチェックを入れてできるまで繰り返す。また、文法全体を系統的に理解できた後は、『一億人の英文法』を読破し、英語の核となるイメージで理解するべきだ。バラバになった知識と英語の本質が見事につながっていくことになる。異なった角度で英文法を見られれば解放の視点が広くなるだろう。 大学入試の英文法はこれで十分だ。それ以上のレベルの問題は難問・奇問である可能性が高い。あとは過去問だけだ。時間を掛けるべき

祝!サッカー日本代表ロシアW杯出場決定!

サッカー日本代表は、2018年のロシアW杯出場を掛けて、8月31日埼玉スタジアムでオーストラリアと対戦し、見事に勝利を収めた。これで6年炎連続W杯出場となれば、日本のサッカー人気と実力はここ数十年で確実に伸びて来たことは間違いない。 W杯の度にサッカーファンになる「ニワカ」も批判する人もいる。でも、そうした一時的なファンであってもファン出ることには変わりはない。むしろ素人が「たられば」を語り、選手選考や戦術が酒のつまみになっても良いではないだろうか。 サッカーは選手の特徴やポジションによって様々な戦略を立てられるところは、私の好きな将棋にも似ている。自分はうまくプレーは出来ないけれど、きっとこの選手はこのように動くと良さが出るとか、攻撃的に陣形を組みたいとか想像が膨らんでくる。だから、私は同時に選手の体の入れ方などの技術的な部分などは極力批判しないようにしている。 サッカーファンにとっては今回の勝利はW杯に繋がった大きな勝利だ。世界中がW杯で盛り上がっているなかで、自分が応援するチームが参戦できないのは悔しい。オリンピックとは違う選抜的な要素を含んだ世界的スポーツの祭典を楽しみたい。頑張れ、日本。まずはベスト4!これで息子もさらにサッカーを好きになってくれたら…。外野の夢もまた大きい。

国連により大きな権力を

あなたはその朝の約4分で何が出来たか。8月29日の朝6時に携帯電話が突然鳴り、テレビをつけると見たことが画面は緊急表示となっている。朝北朝鮮がミサイルを発射してから日本を横断するまで約4分。Jアラートの功罪はこともかく、一般人が気づく前にすでに有事であった可能性もあった。北朝鮮の横暴は止まらない。 人は便利なものがあれば使いたくなる。例えば、核兵器は自国を守るだけではなく、他国への優位性を示すことができる。だから、特定の国だけが脅威的な武力を持つことは全体に大きなアンバランスを持ち込むことになる。 一方で、すべての人間が平和的な解決や知性のある行動を取るとは限らない。遵守や常識がない無法者には抑止力と対処療法が必要になる。合理的な法律があり、正しい意思決定のもとにしかるべき処置を取ることで秩序を保つ。警察はその一例だ。 したがって、国連にのみ武力行使の権利を与え、すべての国は武力放棄をする。ある国だけが巨大な軍事力や核武装をするから不公平で、物事が解決しないのだ。全ての国が一斉に軍縮の条約を批准し、遵守しない国には「世界」が然るべきプロセスを経て経済的、必要に応じて武力で制裁を加えるべきなのである。理念なき行動は虚しい。理想論でも良い。世界の平和と秩序を守るベクトルを大切にしたい。

Featured Posts

Categories

Archive

Copyright © 2016-2020 Seize your Sky All Rights Reserved.