リスニングの推薦教材

中級者のリスニング勉強の大原則は「ただしく音読できれば聴こえる」である。「DLOS勉強法」では「量より質」が重視されるため、どの教材を用いるかは大切なことである。必ずスクリプトのあるものを使って丁寧に矯正していきたい。 まず具体的な目標がある場合、例えば、英検やセンター試験などを受験する予定がある場合は、その「過去問」が最も良い。過去問は自分のレベルの少し上であるから力が伸びやすい。数年分やるだけでも十分なスクリプト量を勉強することになる。 「DLOS勉強法」では力試しで問題を解くことから始めるので、ここで過去問から推測される傾向や解法テクニックを確認しても良い。聴こえなかった問題に引きずられずに、気持ちを切り替えて問題に集中するといったメンタルトレーニングも積んでおきたいからだ。ただし、リスニング問題の多くは、大筋が聴こえれば解けるものが多いので、小手先のテクニックに依存するのではなく、流れている音声に集中すべきである。 私が留学したTAFEのELICOSでは、リスニング教材として、“Behind the News”を使っていた。子ども向けの教育にニュースで難しい語句は丁寧に解説してくれる。当時はビデオテープだったが、先生から借りて理解できるまで何回も繰り返し聴いたものだ。今は、オンライン(”Behind the News”)で視聴できスクリプトも載っているので、速聴・精聴のどちらにも使えるお勧め教材である。 ※参考文献 “Behind the News”(ABC)

リタゲ広告を追跡する

インターネットをしていると一度入力した文字を補助する機能がある。これは、Cookie(クッキー)と呼ばれる情報ファイルを利用している。一方、この機能を用いると広告主はブラウザ経由でユーザーの属性を推定して、その志向に合った広告を表示させることが出来る。これを広告業界ではリターゲティング広告(リタゲ広告)と呼んでいる。広告主はブラウザの広告表示回数であるインプレッションを稼ぐために、グーグルのようなアドネットワークを介した検索連動型運用を用いることが多い。 しかし、この仕組みにはいくつかの弱点がある。ボットなどのツールでクリック数を水増する、ページの見にくい箇所に乱雑に表示される、そして公序良俗に反するサイトに配信されることで企業のイメージが損なわれるといったことがあげられる。それぞれアドフラウド、ヴューアビリティ、ブランドセーフティと呼ばれる課題である。企業は氾濫する不適切ば広告手法に対してアドブロックやPMP(掲載先を限定した広告取引)などの対策を行なっている。しかし、日本をはじめまだまだ十分とは言えない状況だ。 そうした中で、アップルはITP(Intelligent Tracking Prevention)という、サードパーティのクッキー利用の制限したサファリに導入した。この動きはリターゲティングに多大な影響を与えると言われれいる。しかし、特定の業界と癒着せずにユーザーの個人情報を重視する一貫した姿勢がアップルの魅力の1つなのだろう。ZARAも「広告に投資する分を、商品の価格を下げることに使うと決めた」と宣言し、成功を収めている。 広告は消費者に対して有益な情報となりえるし

大学入試の「過去問」問題

私が大学受験をした時なので、だいぶ昔の話ではあるが、某大学の文学部を滑り止めで受験したときに、かつて解いたことのある英文が出た。おそらく予備校のテキストかどこかで勉強したのだろう。テキストや参考書は過去問を活用することが多いため。だから今思えば過去問の再利用だった可能性が高い。実際、大学入試の過去問の使い回しは私の世代から徐々に増えてきたようである。 今年の受験は、京大・阪大の入試ミス等をきっかけに世間の目が厳しくなっている。背景には、作問における質の担保の限界やAO入試の多様化があるという。例えば、英語ではその大学にふさわしいレベルの原典を集め、検討・確認等が必要になる。非常に量力がかかる作業だ。ただ、こうした過去問の使い回しは、日本の英語資格試験でも使われている。英検ではリスニングの一部でナレーションを変えただけのものが出題されるし、TOEICやTOEFLでも問題の一部で過去問を使うことがある。あまり知られていない事実である。 それでは、大学入試と英語資格試験の違いは何か。それは、前者は問題と解答が広く共有されるが、後者の場合は問題を復元することが難しいからである。例えば、英検の場合は出題されている過去問はすでに絶版等で入手が困難である。また、TOEICやTOEFLでは問題の持ち帰りが出来ない。大学入試に比べるとより機密性が高い。要するに、大学入試の試験の質と公平性をどのように保つかが大きな課題なのである。 蛇足になるが、私の記憶が正しければ、最初に述べた大学には合格することが出来た。この結果をどう見るか。必死に勉強したご褒美か、それとも運に左右された不公平な結果か。今年も

リスニング勉強法(概論)

リスニングの勉強というと、ラジオや教材を使って大量の英語を聴くことを思い浮かべるかもしれない。しかし、上級者になるまでは、「量より質」を重視した方が早く上達する。これは理論的にも自分の経験からも言えることである。 話される英語が理解できないならば聴くことは出来ない。例えば、”Check it out.”(見てごらん)は英語の発音法則やリエゾンによって「チェケラウッ」と聞こえる。それ以外の音として聴こえた場合、自力で矯正していくことは困難であり、それぞれの単語の意味などが分からなければただの音である。言い換えれば、「正しく音読が出来れば聴こえる」ことが大原則となる。従って、自分の聴こえない部分を明らかにして矯正していくことがリスニングの勉強方法なのである。 そこで試行錯誤の末にたどり着いたのが(それぞれの頭文字を取った)「DLOS勉強法」である。 ⑴ 1度だけ聞いて理解力を確かめる 自分の実力を確認する。 ⑵ 回数無制限、辞書・参考書ありで聞く 自分の解答が決まるまで繰り返す。 ⑶ ディクテーションをする(解答の最終確認) 【D: Dictation】 聴こえた英文を書き取って行く。聴こえた部分とそうでない部分を整理することができる。また、解答を誰かに見てもらい、正解するまで繰り返すとなお良い。次にスクリプトを見て確認をし、語彙や文法、聞き取れなかった部分などは赤で訂正し、弱点を明確にする。 ⑷ 再度、リスニングをしてみる 【L: Listening】 100%完全に聴こえることまで繰り返す。 ⑸ オーバーラッピングをする 【O: Overrapping】 「正しく音読出来れば聴

英語長文読解 「PINPOINT解法」

大学入試などの長文読解問題を学び、そして教えてきた中で、1つの体系的で汎用性の高い長文読解の解法を編み出した。それが「PINPOINT解法」である。この読解方法は、⑴設問の分類と活用、⑵パラグラフリーディング、⑶トピックセンテンスの法則、の3つを連動させる読解戦術である。 英語に特徴的なロジックの組み方を理解し、それを活用して設問の特徴と連動させることで、内容一致問題をはじめとした本文の設問を解く際の原典根拠の範囲を絞って狙い撃ちする[PINPOINT]ことがこの解法の肝である。設問の分類・分析とその解法は高い精度で解答を導くことができる。また、分野別の英文の特徴に従ってトピックセンテンス[A]からメインセンテンス[M]を浮かび上がらせ、さらにトピックセンテンスの法則を用いてより本文全体の主張とロジックを的確に掴むこともできる。こうした戦術を用いて、問題集などの解答・解説では提示されにくい思考の痕跡、言い換えれば辿りつくべき「解答・解説の向こう側」を読み取ることができるのだ。大学入試などの多くの読解問題に適用できる汎用性の高い総合的な読解ストラテジーである。 「PINPOINT解法」の詳細は、このサイトのArchivesの中に収められている。無断転載等は禁じているが、閲覧およびダウンロードは出来るようにしてある。ぜひ参考にして欲しい。

「左右」をよく見て渡る

左右をよく見て渡るのは横断歩道だけの話じゃない。政治の世界でも同じである。ところが、今の日本では、「右=右翼=保守」、「左=左翼=革新」とならないところが難しい。「参院選2016争点に気づけ!」で触れたように、時に政局の論点がすり替えられてしまうことさえある。 「左翼」「右翼」という言葉は、フランス革命時の国民会議において議長から見て左側に体制革新派、右側に体制保守派が座ったことに由来する。(保守=伝統のビジネスvs革新=新分野の開拓の構図)日本の場合、安全保障で改憲派が保守、護憲派がリベラルとなるためにねじれの現象が起きている。実際、週刊ダイヤモンドの調査では、若い年代では、共産党が自民党と同程度の保守政党と認識していることが分かった。さらにややこしいのが、安倍内閣だ。日本最大の右派組織「日本会議」や保守的な企業、例えば三菱重工業といった軍需企業との関係が深い一方で、「地方創生」や「1億総活躍社会」など左派的な政策を全面に打ち出している。そのため、今の自民党に限っては「保守左派」という立ち位置になるのである。野党が特色を出せずに、安倍1強の体制を維持している要因の一つだろう。 今日では、かつての学生運動、例えば左派系の早稲田の学生会館封鎖のような政治的紛争は少ないし、右派的な建学の精神を持つ、例えば国士舘大学がその特色を全面に出すことはない。大学だけではなく、投票率が示すように政治に対してどこか閉塞感やあきらめの奮起が漂っている。その大きな要因は2009年以降の旧民主党の失政が大きいだろう。自民党に「お灸をすえる」意味で投票したのではなく、選挙で政権交代が実現した意味は大きか

Featured Posts

Categories

Archive

Copyright © 2016-2020 Seize your Sky All Rights Reserved.