朝日新聞の記事(朝刊紙面・デジタル)に載りました 〜記事の裏側〜

朝日新聞の記者が私の学校に取材に来た。大学入試における英語改革の民間試験導入に関してだ。そして、取材のちょうど1ヶ月後に新聞記事(デジタル版やヤフーニュース等で長さが提供先によって若干異なっている)に掲載された。内容としては、「英語の4技能試験には賛成で、民間任せにせずに国が主導して公正な試験を実施すべき」(▼注)というものである。 そこで、取材時に述べた私の見解を詳細にお伝えしたい。まず、確かに現段階の民間試験導入制度は受験料や場所等で島しょや僻地、地方などの生徒に不利になっていることは否めない。また、民間試験は何種類もあり、質量ともに異なっているために十分な対策も難しい。実際、受験生にしてみれば、同じ英語であっても事前の対策はある程度必要であり、教員もすべての試験を包括的に熟知するには相当にハードルが高い。私自身は特定の試験に特化すれば良いと思っているので、それほどプレッシャーは感じないのだが、受け持つ生徒の多様なニーズに否応なく対応しなければいけない指導者は多くの負担を感じてしまうだろう。 ただ、それでも4技能試験の導入は挫折してはならないと思う。日本人が今まで、ライティングやスピーキングが苦手としていた大きな要因の一つに、アクトプット型の試験がなかったからという事実が挙げられる。生徒も学校もシビアだ。試験に大きく関係のないことには時間を多くを費やせない。これは何年も英語の指導をしているから経験的に理解していることでもある。しかし、4技能の試験がバランスよく出題されるならば、単純に生徒は勉強する。理想論で語るではなく、外的なモチベーションを高めることは現実的な指導方法なの

小中高の連携による学びの系統性の開発

私の知り合いの高校英語教員の話だ。私はその先生が異校種である中学校の教科書を常にデスクの本棚に置いて日々研究していることに驚いたことがあった。中学校で何を教え、何を苦手にしているのかを意識しながら教えているのだという。なるほど、これは中高を接続した視野が高校英語の基礎・基本を指導するポイントの1つなのだろう。 基本的な理念としては同じだ。流山市では「外国語(英語)教育強化教育拠点事業」として小中高にとう連携指導の研究開発を行なった。指定された3つの小学校、2つの中学校、1つの高等学校が相互に授業参観や合同研修等を行なった。これによって「学びの系統性を大切にした小中高の連携が円滑に進んだ」ということだ。 こうした取り組みは、流山市のように教育委員会主導等で組織的に行われなければならないだろう。教員は普段の授業に加え、生徒指導や進路指導、(無駄な)事務処理も含め多忙感を感じることが多い。小学校での英語指導には、指導に関する知識・技術・経験等が少ないため、無理のない範囲で相互に連携しあうことの意味は多い。 特に、地域密着型の学校では、小中高の接続を意識した指導方法に大きな可能性を感じる。例えば、島しょでは島内での学校数は限られているので、その地域性が大きなメリットになることもある。教職員間での情報交換や研究授業といったことが十分な連携・協働して行いやすいからだ。このように、地域やカリキュラム等を生かす教育も有効であろう。 ※参考文献 日本英語検定協会、(2018 10)、『英語情報 2018年 秋号』

『心象による英語システム理解のアプローチ』

教職大学院の最後の臨床実習IIIでは、臨床実習II『外国語(英語)科の授業における音読指導の研究』と有機的に関連づけた内容とした。具体的には文法等を心象[イメージ]として捉えるということである。最終報告会で発表したスライドを提示しておきたい。大学院としての研究内容がその後に英語指導の基本になったといえる。 当日使用したプレゼンテーション資料(『心象による英語システム理解のアプローチ』PDF版)は、Archivesに載せてある。 米参考文献 大西泰斗・Paul Chris McVay、(2011)『1億人の英文法』ナガセ

Featured Posts

Categories

Archive

Copyright © 2016-2020 Seize your Sky All Rights Reserved.