『二十世紀とは何であったか』 ~精神・思想史から20世紀を対象化する~

20世紀を総括せずに21世紀を語れない。この著書を読もうとしたきっかけである。著者の小林通憲は発行時の平成6年に福井大学の教授で、専門は哲学や文明論である。しかし、本書の中では、難しい専門用語を使わずに、むしろ所々冗長に感じるほど丁寧に説明がなされている。歴史的教養の要点を整理するのではなく、その背後にある人間の思想・精神史を浮き彫りにしつつ、「二十世紀への哀悼と鎮魂」を表明している。 歴史は力や権力の辿った跡の記述になりがちであるが、本書は20世紀の痛恨の出来事である二度の世界大戦の本質を描き出しているように思う。そのキーワードが「非ヨーロッパの世紀」だ。二度の世界大戦によってヨーロッパがその国々の体力を使い果たし内部崩壊を起こすとともに、地理的にヨーロッパの影響が及びにくい広大なアメリカ大陸で産業が急速に発展していった過程を知ることが出来る。そして、そこからアジア・アフリカの自立と苦悩が論理的に説明されている。 パックスアメリカーナ(アメリカの覇権による世界平和)とアメリカに端を発するマスディアの影響、大量消費社会がいかに全世界及び日本の文化・社会・精神史を作り上げたかも論理的に説明されている。筆者は、20世記の科学技術の進展や国家の在り方に光を当て、そのために影となった文化や精神の頽落を嘆いている。世界や世紀を否定的に述べすぎているように感じているが、それこそが物質的な豊かさや21世紀の現代人に向けた警鐘なのかもしれない。 20世紀は戦争による世界の崩壊と、科学技術の進展の世紀だったように思う。私は、21世紀は情報技術による知識基盤社会とそれに伴う脆弱な世界システム化では

不撓不屈の精神

2019年(第95回大会)の箱根駅伝で早稲田大学の1区を走ったのが、中谷雄飛という選手だ。この選手は、全国駅伝優勝、日本クロスカントリージュニア選手権連覇、アジアクロスカントリー優勝といった輝かしい実績を持っている。「高校のときは日本人選相手に無敗だった」そうだ。 すっかり冬の風物詩となった箱根駅伝では、箱根駅伝区間1区を走り4位という結果だった。一方では、箱根駅伝に出場することさえ相当の努力とレベルが求められているとも言えるだろう。特に1区は集団でスタートし、駆け引きがしながら走らねばならないので、相当の重圧があっただろう。だからこそ、どこの区間であっても、次回の中谷選手の箱根駅伝での走りに期待するものがある。 中谷選手の信条は、「不撓不屈」だという。「屈することのない、勝ちにこだわる固い意志が世界への道を切り開く」と述べている。そにはライバルへの闘志と共に、早稲田大学という名を掛けて戦っている気持ちも伝わってくる。 早稲田大学には、早稲田アスリートプリグラム[WAP]というものがある。学生の修学支援だけではなく、人格統治プログラムがあり、アスリート教養や国際交流プログラムといった活動を行っている。1つのことを突き詰めようとしたときに、思考が行動が制約されることがある。海外に出たときに日本語や日本を見つめ直す機会になるのと同じだ。多くの経験を通して、その選手だからこそできる不撓不屈の精神で社会貢献の形を追求して欲しい。頑張れ、WASEDA! ★追記 2020年(第96回箱根駅伝)は早稲田大学7位。最後の大手町の7位争いで1秒差で振り切った選手の根性に脱帽だ。他大学の選手の魂の

謹賀新年 2020

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。 世界で最も有名な今年の干支といえばミッキーマウスだろう。このネズミは害チュウどころか、チュウ夜問わず多くの人が彼とその仲間に会い行っている。”If you can dream it, you can do it.”(*1)これは生みの親であるウォルト・ディズニー言葉である。この信念からチュウ出された情熱が「夢の国」の誕生に繋がったのだ。 実際、ウォルト・ディズニーは自分の会社が倒産しようが、決してキャラクターの創造を外チュウすることなかった。ミッキーマウスの誕生は彼の人生最大の挫折の最チュウにやってのけた。それはチュウ途半端な決意や偶然ではなく、それこそ宇チュウの片隅にいる子どもにまで笑顔と幸せを届けようとした意志と想像力の賜物だったのだ。 ウォルトはまた次のような名言を残している。“You reach a point where you don’t work for money.”(*2)確かに私たちは自他に嘘をつき、お金のためだけに生きることには虚しを感じないだろうか。むしろ人は他者へ貢献することで喜びを感じられるのだと考える。それは、生きがいにも結びつくだろうし、人生の意味を問うものでもあるだろう。 “All our dreams can come true, if we have the courage to pursue them. I only hope that we don’t lose sight of one thing – that it was all started by a mous

Featured Posts

Categories

Archive

Copyright © 2016-2020 Seize your Sky All Rights Reserved.