「不可能なことだけが危機をこえる」(『思想としての新型コロナウイルス禍』)〜コロナ禍に立ち向かう基本ロジック〜

 新型コロナウイル感染が世界中に拡大し、医療・経済・教育などあらゆることが変化し、多くの議論が行われている。現実問題として医療や経済などに目が向かいがちであるが、終息する気配もなく、どこが退廃的な雰囲気が醸成されているのはなぜだろうか。

 大澤真幸の論考「不可能なことだけが危機を乗りこえる」(『思想としての新型コロナウイル禍』)はその中でも社会学の視点で論理的にコロナ禍を考察し、今後の展望を述べている。キーワードは「連隊・人新生・倫理・神的暴力」だ。これは『思想としての新型コロナウイウイルス禍』に収録された思想家・専門家による論考集の一つである。

 本書には著者の説明が一切書かれていないためここで紹介すると、大澤真幸は、1958年生まれの社会学博士で、千葉大学文学部助教授・京都大学大学院人間・環境学研究科教授を歴任している。また、早稲田大学でも教鞭を執っているようだ。本稿のタイトルには逆説的な表現が含まれているが、中身もそれを多用した展開が多く、知識人が好むような表現スタイルである。

 筆者はボーダーレスな問題にボーダフルに対応することとは解決への逆ベクトルであるとしている。近年話題となっている民主主義の概念の再構築と合わせて参考になる。この視点は出版はコロナ禍から1年しか経っていないにもかかわらず、今でもまったく色褪せていない。コロナ禍によって生じる諸問題の根底にあるものが同じであり、それが現状でも改善されていないからであろう。それは結局、ウクライナ侵攻を終結させられないといった、日本だけではなく国際的な問題に共通派している内容だろう。グローバルな問題にはグローバルに対応すべきという主張があり、それこそがコロナ禍を考えるロジックの原点である。

※参考文献

大澤真幸、(2020 5 12)、「不可能なことだけが危機をこえる」(『思想としての新型コロナウイルス禍』より)河出書房新書

大澤真幸、大澤真幸オフィシャルサイト(http://osawa-masachi.com)


1 view

Recent Posts

See All

AIの本質を探り、今後の人類のあり方や生き方を模索することは現代社会の大きな議論の一つである。本書は、テクノロジーと生き方の手助けになると思い長期休暇を利用して上下巻を読破した。著者のユヴァル・ノア・ハラリはヘブライ大学の教授で専門は歴史学である。『サピエンス全史』で世界的なベストセラーだ。ちなみに、訳者あとがきは難解な文章の解説的な役割も果たしている。 人類の歴史と展望について、難解な部分もある

熊代亨は著書『健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会の不自由さについて』の中以下のような指摘をしている。現代の私たちは、売買やコミュニケーションを担保する法制度と空間設計、それらに適した通念や習慣が徹底された社会の仕組みから便宜を得られる人がいる一方で、人々が他者と共有できない世界観の存在を見落とす可能性がある。こうした仕組みは私たちを効率性や社会契約の内側へと訓練し続け、内面化された通念や習慣から

「あなたはこんなことで困っていませんか?『いつも他人の顔色を気にしてビクビクしている。』『相手が少しでも不機嫌増だと自分のせいだと考えてしまう。』「なぜかあの人といると振り回されて、イライラする」(表紙より)一度は似たような経験もあるだろうし、深刻に悩んでしまうこともあるだろう。本書は認知行動療法を用いて人間関係を改善し、新しい生き方を模索する考え方と方法を提唱する。認知行動療法とは、認知(考え方

Featured Posts

Categories

Archives