『劇場版 シティーハンター <新宿・PRIVATE EYES>』 〜リアルで現代風な「シティーハンター」〜

 20年ぶりに冴羽獠が帰ってきた!しかもスマートフォンやドーロンといった最新機器や歌舞伎町のゴジラやルミネなど近年の新宿が舞台設定になっている。リアルで馴染みのある設定が嬉しい。髪型やファッションなども今風になっていて、「現代版シティーハンター」だ。

 監督や声優、制作スタッフなども当時と同じメンバーである。「もっこり」や「おしおきハンマー」などのギャグは相変わらずで、そこにキャッツアイのカメオ出演があり、お馴染みの挿入歌が随所に入っている。往年のファンにはたまらない内容だ。

 ストーリー単純なようで設定が斬新だ。「Warfare理論」ーいつ戦争が起きれもおかしくないという不安を生むことで武器を売る」。各国の有力なそれを証明するための新宿を戦闘場所にした。そして依頼者は進藤亜衣であるが、その遠隔飛行殺戮兵器の起動キーを握るのが彼女なのである。特に、新宿御苑の戦闘は主人公側が勝つと分かっていながらも手に汗に握るシーンである。

 そして『シティーハンター』の原作漫画が面白いのは言うまでもないが、テレビシリーズが他のアニメーションと比べて一線を画して秀逸なのは、エンディングテーマの流れるタイミングだろう。今回もハッピーエンド中で観客が恥ずかしくなるような、でも男が惚れてしまうようなセリフとともに終幕に向かう。

 今年の4月には新作の劇場版の制作が発表された。そちらも楽しみである。

















(オープニングに出てくる新宿東宝ビル)
















(亜衣が仕事先に向かう際に歩く甲州街道)
















(冴羽寮がテロリストと対戦する新宿ゴールデン街)
















(エンディングに登場する新宿駅のSuicaペンギン広場)



※参考文献

北条司、(2019・2・8)『劇場版 シティーハンター

<新宿・PRIVATE EYES>』、コアミックス・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会

3 views
Featured Posts

Categories

Archives