『天気の子』(感想編)〜愛と世界、選択の物語〜

 英語の時間に「My favorite movie or book」というテーマでスピーチ(プレゼンテーション)させた。その中で、映画『天気の子』(Wethering with you)の紹介があり、設定されている場面のほぼすべてに土地勘があったことが視聴するきっかけだった。しかし、それは単なるエンタメ作品ではなく、深い意味を持った愛の作品だったのだ。

 監督は新海誠で、前作『君の名は』(Your Name)は有名だろう。キャッチコピーは「これは、僕と彼女だけが知っている、世界の秘密についての物語」で、主題歌はRADWINMPS「愛にできることはまだあるかい」である。ストーリーは離島を助け出した家出少年の穂高が、部分的に悪天候を晴天に変える能力を持つ「晴れ女」陽菜と出会い、困難を乗り越えてたどり着く恋愛物語である。というのが表向きのストーリーラインで、多くの場面に張られている絵やセリフの伏線が「愛の選択」の意味を考える最終話につながる裏の意味がある。無駄がない。

 最終話の祈りに何を見出すかが本作の見どころだろう。特殊能力を失った陽菜が最後に祈っていたのは晴れ女としての代償を払わずに自分が生きることになった自責の念だろう。祈りの手の組み方が異なっているのである。つまり、陽菜は特殊能力を使おうとしたのでないことが分かっていて、穂高の分まで祈っていたのだろう。自分や愛する人を失っても他者や世界を救うテーマ作品は多いが、それが現実に「選択」をすることになったときに、どれだけそれが可能だろうか。

 他者との繋がりや生きている意味を見つけるために人柱となった陽菜の生き方、東京都は対照的な水配り伝説のある神津島、圭介の死んだ妻や会えない子どもへの想い、歌詞と連動した感動したストーリー展開、など。「きっと大丈夫!」だと深く、そして感動を覚える作品である。そんな作品レヴューを穂高が陽菜に会うために走った場所が見える場所から書いてみた。


(マクドナルド西武新宿駅前店:帆高が初めて陽菜にあった場所。)

(神津島東屋:終盤に出てくる別名「あずま展望台」)



※参考文献

新海誠、(2019 7 19)、『天気の子』コミック・スウェーヴ・フィルム


9 views

Recent Posts

See All

『決定版 上司の心得』・『リーダーが身につけたい25のこと』〜自分・チームそして組織の未来へ〜

人の上に立つのは難しい。個人的には今まで生徒会やサークル活動でリーダーシップを取ってきた経験はあるものの、職場となるとまた大きく違う。ましてや年齢的にも中堅になれば一定の責任や効率が求められる。そんな苦悶の中で組織運営に関する哲学と実戦的ノウハウに関する2冊に出会った。 『決定版 上司の心得』の著者、佐々木常夫は東レに入社し、取締役となった複数の社長の経験を記した著作物が多い。本書は「できる余分な

『老人と海』(福田恆在訳版)〜ロストジェネレーションの希望と勇気〜

読み出したら止まらない。ストーリーは老人が海に漁に出かけ奮闘しするという単純なものであり、それを老人の内面と客観的な事実のみで書かれる、いわゆる「ハードボイルド」の手法で描かれてる。余計な伏線を省いて淡々と、しかし臨場感が洗練された言葉はアメリカ文学の金字塔であり、読者はノーベル文学賞作品の圧倒的な筆力を感じるだろう。 著書はノーベル文学賞作家であるアーネスト・ヘミングウェイだ。1899年イリノイ

Featured Posts

Categories

Archives