• Tom Kurihara

『怒られ力 ー新社会人は怒られてナンボ!—』〜「怒られる」意味を知る〜

 周囲が驚くほど怒られたことがあった。それから、周囲が心配するくらい落ち込んでしまった。そんな夜に心の拠り所を求めて行き着いたのが、「怒られても凹まなくなる!“怒られ力”をつける5つの方法」という記事だ。怒ってくれる人は自分の味方であるという事実と、怒る側にも労力が必要である優しさに気付けた。これがきっかけで、この記事の著書を購入することに決めた。

 ステージ01「怒られる準備」からためになる話だ。新人向けとは言え、異動も含めて私たちが知っていくべき仕事の基本的な心得から始まっている。「しょうもないこいことをできへん奴はもっとしょうもない」「働く=ハタ(周囲)をラク(楽にする)」など名言が多い。また、信頼される上司の言動は、現場で信頼関係を築く上でぜひ実行していきたい金言だ。

 この本は構成やコンセプトがとてもユニークだ。それを読み進めていくと「レベルが上がる」ように設定されている。表紙がドラゴンクエストを想起させるのはそういった工夫だ。また、戦隊物を設定し、それぞれから読者が心得を学ぶようにしている。基本的に、精神論ではなく、筆者の経験を主体にして書かれているのだが、途中にバイオグラフィーを混ぜながら、仕事の意味や怒られれるこで開かれる境地を示している。ロジックよりも経験・感情で訴えながらも読者に飽きさせない工夫が面白い。

 最後に、「怒ってくれる人に感謝」という言葉も冒頭の経験につながっていて合点のいくものであった。私は打たれ弱いので、筆者のように強くなれるか分からないが、本棚の隅に置いていくのも悪くないと思う。

※参考文献

桂福丸、(2014・5・24)『怒られ力 ー新社会人は怒られてナンボ!ー』明治書院

8 views

Recent Posts

See All

『生命と記憶のパラドクス』-福岡ハカセ、66の小さな発見-〜教養エッセイ集の見本〜

本書は66のエッセイ集から成り立っているが、理系分野の難解な用語はない。そもそもこれらは『文藝春秋』の連載記事を再編集したものだ。一般読者を想定して書かれているから、3ページ程度のエッセイはさらっと読める。 著者は福岡伸一氏で分子生物学者を専門としている青山学院大学教授だ。テレビ等にも出演し、本人の名前がクイズになるほど著名である。ベストセラー『生物と無生物の間』以外にも著書が多い。 それにしても

3度目の緊急事態宣言に思うこと

早稲田大学の総長である、田中愛治は2020年度の入学式辞(実際には9月にオンライン)で「未知の問題に対する解決策を自分の頭で考える力」を「たくましい知性」、「国籍・人種・言語・宗教・文化・信条・障がい・性別・性的指向などが自分と異なる人を受け入れ、理解し、敬意を表すことができる感性」を「しなやかな感性」と呼んでいると述べている。新型コロナウイルスの終息が見えない時代により求められる力と感性であろう

Featured Posts

Categories

Archives