『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』〜英語学習は不滅だ〜

 AIが人間の力を借りることなくその能力を超越する技術的特異点[シンギュラリティー]に到達するのが2045年であると言われている。その未来予測は世界中で大反響を呼び、AIによる人類の恩恵と損害など様々が議論がなされている。AIとは何かを正しく理解するには、まずは本書がお勧めだ。実際、教育業界最大手のベネッセコーポレーションが大学入試小論文対策に挙げている推薦図書でもある。

 新井紀子氏は国立情報研究所教授、同社会研究センター長であり、数理論理学を専門としている。2011年より始まった人工知能プロジェクト「ロボットは東大に入れるか」のプロジェクトリーダーで「東ロボくん」の生みの親だ。それは2016年にMARCHに合格できるまでの偏差値を獲得したが、これによって本来の目的である現在のAI技術の限界を明確に提示した。また、来たるAI時代にはすべての子どもが教科書の文章を理解する力を身につけさせるべきだとして全国基礎的読解調査「リーディングスキルテスト」を率いている。

 本書がベストセラーとして多くの人に読まれている所以は、上記の筆者の研究実績を、ー特に「東ロボくん」が有名であるがー、平素かつ緻密に展開しているからだろう。上記のプロフィールにある研究内容は、まさに今、多くの人がひときわ注目している分野であり、それがまるで方程式を解いているかのように「読解力」という項を代入して記述されている。特に教育者にとっては、映画のような妄想的な未来を盲目的に信仰することの脆さを知り、冷静に今後の展望を描くマイルストーンにもなるだろう。

 英語教育(語学指導)不要論は一旦棚上げのようである。0と1を基準に作動するコンピューターはどこまでいっても「意味」を理解しない。不規則で文法的に正しくない言葉を理解し、言外の意味や暗黙の了解と正しく捉えることは無理だ。ましてや、現実世界の無限に広がっている状況と条件を確実に把握できない(いわゆるフレーム問題)の解決はブレイクスルーが起きない限り不可能であることが分かった。英語学習の終焉はシンギュラリティとほぼ同義なのだろう。このように、一般的なAIに関する社会問題から教育論、言語習得論まで、非常に多くの多くのことを示唆している名著である。



※参考文献

新井紀子、(2018 2 15)、『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』東洋経済

1 view

Recent Posts

See All

初任校ではノートパソコンを活用した最新の講義型の授業をしていた(つもりだった)。当時は英文解釈が中心の予備校風の授業で、生徒に寝られたら見た目が悪いと必死だったが、結局テスト一週間前に演習させるのが最も力がつくなと感じていた。実はその秘密が「生徒の能動的な学習」だったのだろう。大学院での研究以降は、「アクティブラーニング推進校」などの経験から、生徒が「能動的に学ぶ」、そしてそれが結果的に楽しい授業

大学入試改革の中、英語科指導の中で最も大きく変化したのが共通テストの問題、特にリスニングの配点がリーディングと同じになったことだ。これは新学習指導要領が4技能重視のアクティヴラーニングを推進する以上のインパクトがある。結局、生徒の学習のモチベーションや教師側の求められる実績に直結するからだ。そういった理由でこの研修会に興味を持って参加した。 講義の結論から言うと、自分がある程度英語を極めた学習方法

夏の教育セミナーは今年もコロナ感染拡大感染防止対策としてオンライン開催となった。これなら夏休みの自分の都合のつく時間にどこからでも参加できるので受講しやすい。 毎回、冒頭には文部科学省の関係者による指導要領や大学入試関連の講演があるが、毎度歯切れが悪い。もちろん文部科学省が掲げる理念や方向性の概略を理解する機会にはなる。セミナーの規模が大きく、登壇者も思いつきで話せないことが多々あるのは分かるが、

Featured Posts

Categories

Archives