top of page
  • Tom

ある原作者のメガヒットの秘訣

 高校生が文理選択や学部・職種・業種を選ぶのは本当に大変だ。彼らの気持ちは痛いほど分かる気がする。いろいろか考える視点はあるが、私は、学部・職種を提示して自分が「やいたくないもの」を先に選ばせてから、残った選択肢の中から「やりたいもの」を考えさせるようにしている。ただし、やりたいけど適性がない、または適性があるのに本人がやりたくないこともあるので、最後は自分で決めるしかない。

 ところで、問題です。

<あるなしクイズ>

 ある          なし        

『金田一少年の事件簿』 『名探偵コナン』

『サイコメトラーEIJI』  『おしり探偵』

『 GTO』         『地獄先生ぬ~べ~』

『シュート』      『キャプテン翼』

                     *解答は下にスクロール

    ↓

    ↓

    ↓

    ↓

    ↓

    ↓

    ↓

    ↓

    ↓

    ↓


<あるなしクイズの答え>

 漫画原作者が樹林伸

 問題の解説をすると、樹林伸は作品ごとにペンネームを使い分けていることがある。上記に漫画4作品はマガジン連載ランキングのベスト5にすべて入っていたというからすごい。この他にも、『東京エイティーズ』などがある。

 なぜこれほどまでにヒット作品を生み出せたのだろうか。その理由を「自分が面白いことしかやってこなかったから続いている」という。人生の選択や仕事に行き詰まったときに心に響きそうな言葉である。X(=旧Twitter)で人気の精神科医も同じようなことを詩的に表現しているので引用しておく。「生きるのは 山登りと違うのよ / そこに山があっても 登らなくてもいいの / 花摘みをしたり 蝶々を追いかけたり ひたすら寝そべったり おにぎりを食べたり / それだけでもいいの 楽しそうな生き方でいいいの。」(『1秒で悩みが吹き飛ぶ言葉』)どうしてもやりたいからやる!というのは最良の選択かもしれない。



※参考文献

早稲田大学校友会、(2023・6)『早稲田学報』

精神科医 Tommy、(2020 8 5)『1秒で悩みが吹き飛ぶ言葉』ダイヤモンド社

0 views

Recent Posts

See All

『サレタガワのブルー』(漫画版)〜不倫から純愛への脚本力が面白い〜

『サレタガワのブルー』はセモトちかによる女性漫画で、「読んだら必ず不倫をしたくなくなるマンガ」をコンセプトにしている。出版社は集英社で、アプリ「マンガMee」に掲載されている。ただし、単純な復讐劇ではなく、不倫された側の葛藤、苦しみなどを繊細かつ巧妙に描かれている。全145話(補足も12話あり)で、2018年から2022年まで発表された。2021年には漫画版の前半部分がドラマ化されている。 主人公

『彼女と彼女の猫』-Their Standing Points-〜「世界系」の原点〜

作品時間が5分もないアニメーションは非常に美しく、しかしその理由を初見で明確に説明するのが難しかった。ただ、全体的な雰囲気が以降の作品の原点になっているのは良く分かった。センチメンタルな雰囲気は『秒速5センチメートル』に似ている。実写かと思うほどの背景画に対して、主人公は驚くほど雑だ。猫をナレーションにした視点は『だれかのまなざし』そのままで、最後の男女の掛け合いで終わるシーンは『ほしのこえ』であ

『星を追う子ども』〜新海誠監督の野心的な試み〜

新海誠監督の新作『ずずめの戸締り』を存分に楽しむために、それまでの作品を「予習」する人も多いだろう。私もその中の一人だ。新海誠監督は、『星の声』『君の名は』『天気の子』『秒速5センチメートル』などの名作で知られていて、宮崎駿に並ぶ有名な日本のアニメーション監督だ。 あらすじの概要は、アスナがモリサキとともに死者を復活させるために地下世界のアガルタを探検するというものだ。ただ、冒険無駄に長く、非現実

Featured Posts

Categories

Archives
bottom of page