top of page
  • Tom

ラーメン食べ歩き紀行 (17) やなわらバー 〜紅生姜、克服!〜

 いつも通るたびに気になっていた沖縄料理店。コロナ禍もあってランチタイムの時間を確認して電話してから入店した。

 女性店員がいるような華やかな雰囲気はないけれど、注文はカウンター席からご主人に直接伝えられる。本来ならお店の看板メニューとなりそうな左上のメニューを頼むのだけれど、どうしても野菜そばが食べたくなった。沖縄そばに野菜が載っているのだから、きっとこのお店の良さが分かるはずだ。

 それまで沖縄そばを食べるときには、いつも紅生姜は避けていた、ただ子供の頃から好きでなかったからだ。今回、紅生姜抜きが可能かを注文時に確認するのを忘れてしまい、着丼時にはしっかりそれが載っていた。最初はそれを取り除こうかと思ったが、なんだか主人に悪い気がして、ちょっと食べてみた。

「あれ?おししいかも…。」

 紅生姜がこんなに沖縄そばと相性が良いとは思わなかった。むしろこのお店のおかげで紅生姜の美味しさに気づいたのだ。

 そもそも沖縄そばが絶品だったというのもあるだろう。野菜はざくぎりだけど山盛りで乗っていて、いかにもご主人らしい。でも、汁はあっさりしていて、野菜の味が十分に楽しめる。最後には器には何も残っていなかった。食べられないと思っていたものが美味だった発見ができたのこともあって、記憶に残るお店となった

4 views

Recent Posts

See All

ラーメン食べ歩き紀行 (21) 大和家 〜クリーミーな家系ラーメン〜

大和屋 片倉店 「クリーミーな家系ラーメン」 貴重な休日に家系の豚骨醤油ラーメンを食べてみた。以前に通りかかったときに多くの人がいたので、気になっていたところだ。(毎月1日に開催される激安日祭の日だったようだ。) 家系ラーメンの大和屋は、どのお店も玉ネギやおしんこうなどが無料のようで、コロナ対策も万全で清潔感があって安心して取ることができた。 ここの特徴は、クリーミーな塩ダレスープにあると思う。外

ラーメン食べ歩き紀行 (20) びんびん亭 〜八王子ラーメンにハマりました〜

元祖敏々亭 びんびん 本店 「八王子ラーメン」とは醤油をベースにした澄んだスープと、その表面に油が浮いていて、八王子特産品である玉ねぎのみじん切りが入っているラーメンである。それ知ってからぜひ食べてみたいと思い、まずは有名店からリサーチして訪問することにした。 コロナ禍の最中に、家族分の食券購入で騒いでしまって店員さんをちょっとだけ不快にさせてしまった。すみません。食券を渡すとあまり待つことなくす

ラーメン食べ歩き紀行 (19) 波浮 〜離島で背脂しょうゆラーメンの極み〜

伊豆諸島の一つである神津島。東京からおよそ180km南西にある人口1900人ちょっとの小さな島である。かつて神々が集まって水の分配を話し合ったとされる伝説の島だ。真っ白な浜辺が続く前浜海岸、海底まで透き通った赤崎遊歩道。スノーケリングやダイビングに最適なエメラルドグリーンの海である。そして島の中央には独特のフローラと伊豆諸島を眺められる天上山。さらに多幸湾やありま展望台など島中に絶景があり、イスズ

Comments


Featured Posts

Categories

Archives
bottom of page