ラーメン食べ歩き紀行 (18) わいず

神田ラーメン わいず

「うまい!が家に届きます」4.0


 訪れたのは21時頃。外食続きによる胃の疲れと行列でちょっと入店をためらったが、どうしても「神田ラーメン」なるものを挑戦してたくなった。

 食券を購入し、順番が来たので、席を示される。食べてる人に鞄がぶつからないように身を縮めて入ったと、頭上の棚になんとか荷物を入れ込む。トイレに行くのも一苦労だ。カウンター越しに汗だくでスープを仕込んでいる姿とその匂いに期待が膨らむ。着丼してスープを一口すすると、濃厚で深みのある味に一気に引き込まれた。「うまい!」と心の中で叫ぶ。今夜は極上品が堪能できると思ったのだが…。

 これはお店側にはあまり過失がないのかもしていないが、肩がぶつかりそうな店内で、隣の客が同僚らしき仲間と話を始めたのだ。お店には黙食の張り紙等があれば良いのだが、お客にしゃべるなのとは言いにくいだろう。ただ、気になって途中から味に集中できなくなっしまった。そこで、ここでの採点を見送った。再訪でない愛。実は、お取り寄せで味わえるからだ。

 改めて自宅で実食。お取り寄せラーメンのスープは冷凍されていて、ほぼ現地の味に近い。豚肉は若干硬かったが、それは仕方がない。それでも、あの夜の味を堪能できた。さすが、そして、確信した。「やっぱり、うまい!」

 そういうわけで総合点は家庭でのお取り寄せを評価します。

0 views

Recent Posts

See All

やなわなバー 「紅生姜、克服!」4.0 いつも通るたびに気になっていた沖縄料理店。コロナ禍もあってランチタイムの時間を確認して電話してから入店した。 女性店員がいるような華やかな雰囲気はないけれど、注文はカウンター席からご主人に直接伝えられる。本来ならお店の看板メニューとなりそうな左上のメニューを頼むのだけれど、どうしても野菜そばが食べたくなった。沖縄そばに野菜が載っているのだから、きっとこのお店

ごっつ 秋葉原店 「間違いなく『ごっつ』濃い!」 湯島天神に初詣に行った帰り道、どこかおいしそうなラーメン屋がないかと思って立ち寄ったお店だ。しかし、そのインパクトは「立ち寄った」レベルのラーメンではなかった。 アプリで辿りついた先にはすでに行列ができていた。お店の前には、雑誌に紹介された等の紹介があり、期待値が膨らむ。とりあえず、SNS用の撮影おもちゃがあるので記念に一枚パシャ。 店内に入るとさ

まる重(通販店) 「家庭で本場の美味しさを堪能!」 「今夜の夕食は特別だよ」と聞いて楽しみにしていた。ラーメン二郎のインスパイア系ということで、台所には大量のもやしとキャベツ(野菜マシマシ)、刻みニンニク一皿(ニンニクマシマシ)が用意されていた。それでも、まさか食後にこうして感想を書くとは思っていなかった。 というのは、大変失礼ながら冷凍食品は実店舗の味には追いつけないだろうと思っていたからだ。と

Featured Posts

Categories

Archives