top of page
  • Tom

今年の漢字2021

 今年も新型コロナウイルスは猛威を振るった。新型コロナウイルスは拡大と終息を繰り返したが、特に、オリンピック・パラリンピック(東京五輪)の開催中のコロナ感染拡大第5波はかなり深刻に感じた。一部の人間のために5年越しで強硬手段を取ったことに対する政治への絶望感を感じた。ただ、一方で、藤井聡太四冠は王将戦の挑戦者になって五冠になる可能性を秘めている。そういうわけで、今年の漢字は「五」を予想していた。しかし、実際には、「金」。かなり残念。これは日本漢字検定協会が悪いのではなく、投票する私たちの「漢字リテラシー」が低い。また、五輪前はコロナパンデミックであれほど混乱していたにもかかわらず、金メダルラッシュで感動したとかいっている感覚が理解できない。選手の活躍を否定しているのではなく、一年の総括文字を「金」にしてしまう国民の「政治リテラシー」が悲しい。

 それでは、毎年恒例の「私の今年の漢字」シリーズ。

2008年「転」

2009年「停」

2010年「躍」

2011年「結」

2012年「蓄」

2013年「修」

2014年「再」

2015年「二」

2016年「合」

2017年「落」

2018年「接」

2019年「暴」

2020年「進」

 仕事ではある一定の成果を出せ、評価を頂けたのかと思っている。中核も担ってたことを考えると「幹」だろうか。もちろん後悔や反省といった多くの枝葉の部分まではうまくいかなかったし、とても自信が持てる結果ではないのだけれど…。責任や仕事が重くなり、プライベートに余裕がなくなったのが苦しい1年だった。

 さて、みなさんの今年の漢字は?



※参考文献

日本漢字検定協会、(2021)

13 views

Recent Posts

See All

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。 「『ウサギはさびしいと死ぬ」という言葉からも分かる。しかし、これは一種の都市伝説のようなものであり、実際に寂しさだけで死ぬことはない。むしろ、コミュニケーションが取れないことによる精神的な苦痛が活動意欲や食欲の低下を招くことが結果的に死因になるという。(中略)友人は一生の宝物。今年は、例年以上に多くの仲間に囲まれながら、『うさぎの上り

今年の元旦の記事「謹賀新年 2022」では、”The Tiger who Came to Eat”(『おちゃをのみにきたとら』)を紹介した。物語の概要は、虎が突然ある一家に押し入り、食料を食べ尽くした挙句に立ち去るが、それでも家族の幸せは続くというものだ。それにしても虎の所業は図々しいにも程があるが、結局は子どもの読む空想の世界だと思っていた。 現実は虎の非礼をはるかに超えている。国際法を無視し、

Featured Posts

Categories

Archives
bottom of page