現地視察:最新の大学図書館

 去年の春に早稲田大学の図書館がリニューアルされたと早稲田同窓生の雑誌でしった。その年の8月に訪問してみようと思ったが、都内の新型コロナ感染者数が8千人を超えたために断念した。逆に今回はスケジュール変更で東京の滞在期間が伸びたので、チャンスとばかりに行ってみた。

 改修の中核になったのがLC(ラーニングコモンズ)だという。「自由に集まり意見を交わす現代的な学習を支援するための機能」で、無線LANや可動式の机や学習支援員の拡充等が代表的な特徴だ。

 実際、目的別で4つのエリアに区分されている。図書館であるにも拘らず、会話が許可された閲覧や学習エリアなどの4つの目的別エリアがある。それに応じてどの程度まで音が出せる等の活動可能範囲が規定されている。一切の雑音が許されない空間「Super Silent Area」まであるが、全体的にアクティブな雰囲気があり、従来の図書館は静寂であるべきといった概念とは一線を画している。LA(ラーニングアシスタンス)が在中して資料検索等の指導をするなど、図書館事態が動的な性格を帯びてきている。

 新しいコンセプトと最新の理論・研究が具現化された図書館は他の大学も注目し、視察に訪れているという。古くなったから綺麗にしたというものではなく、まさに「進化した図書館」という言葉が最適であることを実感したのであった。




※参考文献

早稲田大学校友会、(2020・4)『早稲田学報』

11 views

Recent Posts

See All

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。 突然見知らぬ人がお茶をしませんかと家に上がり込み、家中のものを食べ尽した て、そのまま帰っていく。それでも残された家族は動揺もせず、次に同じ客がきた時のためにその分まで食料を買うのだ。ただし、その客は結局、二度と現れなかった。 これは、The Tiger who Came to Eat(『おちゃをのみにきたとら』)という童話の要点であ

今年も新型コロナウイルスは猛威を振るった。新型コロナウイルスは拡大と終息を繰り返したが、特に、オリンピック・パラリンピック(東京五輪)の開催中のコロナ感染拡大第5波はかなり深刻に感じた。一部の人間のために5年越しで強硬手段を取ったことに対する政治への絶望感を感じた。ただ、一方で、藤井聡太四冠は王将戦の挑戦者になって五冠になる可能性を秘めている。そういうわけで、今年の漢字は「五」を予想していた。しか

Featured Posts

Categories

Archives