• Tom Kurihara

箱根駅伝と新型コロナウイルス

 新春の2日・3日は東京箱根駅伝だ。母校を応援しようと朝早く起きれば、規則正しい生活を送れるもんだ。大学は青春の1ページであるし、卒業後の母校活躍は一種の自尊心でもあるし、箱根駅伝の強豪校を応援できるのはあの頃必死に頑張った人生のご褒美だ。

 ご存知の通り、箱根駅伝はリレー形式になっている。個人の力だけではなく普段のチーム力も試される。また、シード権争って10位を死守する戦いや各中継所によ設定された通過タイム以内でタスキをつなぐことは数多くのドラマや涙を生みだしている。最近では、日テレのホームページからは地図上に各大学の位置が示されるのも面白い。出掛け先で速報順位を確認できる。

 そんな思い入れのある箱根駅伝だが、今年は新型コロナウイルスのために雰囲気が大きく変わった。と、書くつもりだったが、「少し」変わったと書かなければならない。沿道での声援を控えるように公式なアナウンスがあるにもかかわらず、相当数の人が見ているのだ。もちろん中には家の目の前で見ている人もいるだろう。しかし、それを差し引いてもこの状況では、「応援したいから応援しない」というキャッチフレーズも台無しだ。

 昨年は早稲田大学の大学院生が新入生にコロナに対するアンケートを取ったところ、「6割ぐらいの学生が深刻な病気になったり、命が脅かされたりするのではあないか」と不安を抱えている。そんな時代だからこそ、小さな気遣いが必要なのだろう。今年は帰省することも控えた。沿道に出なくてもディスプレイの前で応援したい。頑張れ、母校!

☆追記(2021年1月3日 14:00)

 駒沢大学が最終中継所で3分以上も差があった創価大学にまさかの逆転劇!驚きました。早稲田大学は団子状態から抜け出す力がいつもすごい!根性は日本一かもしれない。それにしても明治大学の11位、中央大学の12位は残念でした。でも、どの選手にも大きな拍手です。最後まであきらめないことが大切ですね。



※参考文献

早稲大学校友会、(2020・10)『早稲田学報』

Recent Posts

See All

『あの花の名前を僕達はまだ知らない』〜郷愁の中に咲く「あの花」〜

子どもの頃は抱いていた、でも成長するにつれて忘れてしまった大切なもの。それは、あの頃あの場所に咲いていた「あの花」。仲良し6人組は、メンバーの1人の不慮の事故死をきっかけに離れ離れになってしまった。その5年後、亡くなったヒロインは昔の願いを叶えて欲しいと再び主人公の前に現れる。メンバーの様々な気持ちが交錯するなかで、それでも願いの答え、そしてその先にある本当に大切なものを見つけようとする。ファンタ

Featured Posts

Categories

Archives

Copyright © 2016-2021 Seize your Sky All Rights Reserved.