• Tom

「zero コロナ」〜緊急事態宣言再発令の提言〜

 どこかへ旅行に行くとして、何も食べることのないプランを計画すると、相当味気ないものになるだろう。もちろん個々の例外や事情はあるが、いずれにしても新型コロナウイル感染予防の観点からすれば、旅行に行くことや外食を勧めることが感染拡大に影響を与えることは素人でも想像できる。政府の対応は、後手に回っているというより、感染拡大を助長してしまっていると言えるだろう。もう緊急事態宣言の再発例が必要なフェーズであり、一度完全に押さえ込んでからの徹底管理が最善の策である。長い目で経済を優先させるために、短期集中の勝負に出るべきだ。

 東京大学などの研究チームは「Go to トラベル利用者は感染リスクが高い」といった(査読前ではあるかが)調査結果を発表した。しかし、こうした結果を発表する前に、このような事態になることを想定できなかったのだろうか。菅首相になってから2ヶ月半振りの記者会見では新しい施策はなかった。現場は「Go to イート」は各都道府県知事の判断に委ねる仕組みとなっているらしい。完全に責任放棄であり、仕方なくそれぞれの自治体、例えば、北海道知事が不要不休の外出を控えるように外出自粛を呼びかけている様である。しかし、人の行き交いが一程度行われて以上、新規感染者数は途切れないだろう。もちろん政府は人命と経済の観点から、限られた財政と人材で難しい判断を迫られているのは分かる。確かに国民全員が納得するような万能薬はないだろうが、ここまで無責任・責任転換では状況がますます深刻になるばかりだ。

 ニュージーランドの強硬で強い政策こそが私たちが学ぶべき教訓である。2020年4月1日に新規感染者が150人だったが、ロックダウンの解除は4月20日で一桁になった。一方、日本は、6月1日の解除時点で39人だった。しかし、この数人の差は大きい。なぜなら、ニュージーランドでは、感染の「拡大」ではなく、感染「撲滅」を指針にしていたからだ。だからこそ、8月4日に新規感染者の家族4人が判明したとき、徹底的な隔離による「撲滅」を遂行した。ニュージーランドでは、第一波での危機管理意識が高く、初動の対応の重要性を知っていたのだ。

 今、やるべきことは明確だ。「with コロナ」でも「after コロナ」でもない、「zero コロナ」である。「撲滅」を目指し、新規感染またはクラスター発生時に完全に追跡できる人数(かぎりなく0に近い数値)にし、そこからの徹底した初動体制を築くことでウイルスをコントロール「急がば回れ」なのである。

 ワクチンの開発や手段免疫が出来るまで引き伸ばそうとする限り、感染拡大の波が何度も押しよてしまうだろう。不完全ではあったものの、日本は第一波をコントロールする力があることは証明されている。「アベノマスク」を配る財源は、再度の緊急事態宣後の金銭的な補填や医療体制・初期対応システム構築に費やすべきだ。素早く緊急事態宣言を出し、何を制限し、どの行動が許されるべきか。最低限の社会システムを稼働状態にしたまま、「zero コロナ」を目指すべきだ。



※参考文献

Medrxiv、(2020年12月3日)、https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2020.12.03.20243352v2

COVID-19 Global Tracker

https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/


9 views

Recent Posts

See All

ロシアのウクライナ侵攻は絶対に許されない蛮行だ。もちろん私たちは新米欧諸国の枠組みの中でメディアコントロールされているので、他方にも主張があるかもしれない。しかし、戦争という暴挙が多くの命を奪い、幸せな日常が失われている事実は変わらない。特に、ロシアの戦術は非人道的で絶対に正当化されるべきではない。戦争ではなく軍事作戦だと詭弁を並べ、弱者の市民を殺傷し、人道回廊にも砲火を浴びせる。これらは国際法に

タイトルの「なんとかする」には、筆者の貧困問題に対して「1ミリでも進め」ようとする意気込みが込められている。貧困という実態を把握し、たとえある実践の行動が最適解ではなくてもその行動を尊敬しようとする姿勢がある。第一章で子どもの貧困問題の概論や理論面が説明され、それ以降は個人、自治体、企業から法制度の支援例に言及している。 湯浅誠は08年には年越し派遣村村長として活躍。その後、内閣府参与、法政大学教

自分が過ごした時代区分である「平成」というものがどのように理論的に総括できるのか。それが本書を手に取った理由である。内田樹編者にしたアンソロジーで、政治、文化、自然科学、宗教、哲学など広い分野で平成が論じられている。令和の時代を展望するにあたって、平成がその前後と何が異なるのかを比較することで見えてくるものがある。 編者の内田樹は一人目の論者で政治的な側面から時代を五段階に区分する。平田オリザはス

Featured Posts

Categories

Archives