謹賀新年 2022

 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

 突然見知らぬ人がお茶をしませんかと家に上がり込み、家中のものを食べ尽した

て、そのまま帰っていく。それでも残された家族は動揺もせず、次に同じ客がきた時のためにその分まで食料を買うのだ。ただし、その客は結局、二度と現れなかった。

 これは、The Tiger who Came to Eat(『おちゃをのみにきたとら』)という童話の要点である。この他にも衝撃な点は多いだが、はたして作者は子どもにメッセージとして何を伝えたかったのか。困っている人がいたら分け与えなさいということ?童話にしては奥が深すぎて、読み聞かせの後に頭の中には「?」しか残らなかった。

 作者及びその時代背景などを調べてみた。作者はジュディス•カー。ナチスから逃れるためにイギリスに出国したという。本当の意味は、ナチスと関係が強い計算された反戦文学ではないか。

 同時に、『海の沈黙』を思い出した。ドイツ将校が突然家に押し入り、数日滞在した後、最後は戦地に物語だ。設定状況違うものの、この童話でいえば「虎」はナチスであり、「家」はそれを無抵抗に受け入れるしかない「一般市民」だ。「虎」は2度と現れなかっただか、その後に戦死することを暗示している。最終ページで「虎」が別れの言葉をひたすら繰り返しているのが怖い。

 もっとも童話の作者は、「虎=ナチス」説を否定している発言しているらしい。彼女童話は子供の向けた童話であることを強調したかったのだろう。しかし本線はこの反戦のアンチテーゼであると考えている。書くという行為は強烈な社会変革やメッセージなりえる。「書く」ということは私たち人間の、そしてでインタネット社会の大きな特権であり、私たちの大きな力の武器なのである。

※参考文献

Judith Kerr、(1968)、『The Tiger Who Came to Eat』HarperCollins

7 views

Recent Posts

See All

今年も新型コロナウイルスは猛威を振るった。新型コロナウイルスは拡大と終息を繰り返したが、特に、オリンピック・パラリンピック(東京五輪)の開催中のコロナ感染拡大第5波はかなり深刻に感じた。一部の人間のために5年越しで強硬手段を取ったことに対する政治への絶望感を感じた。ただ、一方で、藤井聡太四冠は王将戦の挑戦者になって五冠になる可能性を秘めている。そういうわけで、今年の漢字は「五」を予想していた。しか

Featured Posts

Categories

Archives