• Tom

3度目の緊急事態宣言に思うこと

 早稲田大学の総長である、田中愛治は2020年度の入学式辞(実際には9月にオンライン)で「未知の問題に対する解決策を自分の頭で考える力」を「たくましい知性」、「国籍・人種・言語・宗教・文化・信条・障がい・性別・性的指向などが自分と異なる人を受け入れ、理解し、敬意を表すことができる感性」を「しなやかな感性」と呼んでいると述べている。新型コロナウイルスの終息が見えない時代により求められる力と感性であろう。

 「受験勉強だけの1年間の後に、友達をつくることするできない」「ようやく入寮できたのは(入学後4ヶ月後の)9月」「(中国出身の留学生は)中国人同士でも日本語を話した」「留学を諦めるという判断をするしかなかった」。これらは第2回の緊急事態宣言下の2月の発言である。学生生活という青春から色彩が消えていった虚無感や失望感が伺える。

 こうした現場や日常生活の声は届くことはないだろう。3度目の緊急事態宣言が発令された。この後に及んで東京オリンピック・パラリンピックを平常開催しようとしている。蔓延防止重点措置と緊急事態宣言の区別も明確でないまま局面は進みんでいる。長いコロナ疲れで人々の我慢も怒りに変わり、すさんだ言動がメディアを賑わすこともある。しかし、それは氷山の一角にすぎないのだろう。変種ウイルスが出現し、想定外の事態を迎えているのも事実であり、責任を背負わず非難するだけなら誰でもできるだろう。中身のあるロジックで建設的な議論をしていきたい。

 いっそのこと東京オリンピック・パラリンピックは無観客試合でオンライン開催してはどうだろうか。緊急事態宣言も徹底的に行い、期間ではなく再び感染拡大をしない数値目標立てるべきだ。徹底的な都市封鎖、一斉休校、テレワーク等を導入し、相応の補償とセットにして行う。そうでないと世界規模での集団免疫が出来るまで延々と同じことを繰り返すことになるだろう。苦しい状況の中だからこそ、オンラインの「平和の祭典」であっても良い。「しなやかな感性」があれば、それを「たくましい知性」に変換してして困難を乗り越えることができると提案したい。



※参考文献

早稲田大学校友会、(2020・12)『早稲田学報』

早稲田大学校友会、(2021・2)『早稲田学報』

5 views

Recent Posts

See All

ロシアのウクライナ侵攻は絶対に許されない蛮行だ。もちろん私たちは新米欧諸国の枠組みの中でメディアコントロールされているので、他方にも主張があるかもしれない。しかし、戦争という暴挙が多くの命を奪い、幸せな日常が失われている事実は変わらない。特に、ロシアの戦術は非人道的で絶対に正当化されるべきではない。戦争ではなく軍事作戦だと詭弁を並べ、弱者の市民を殺傷し、人道回廊にも砲火を浴びせる。これらは国際法に

タイトルの「なんとかする」には、筆者の貧困問題に対して「1ミリでも進め」ようとする意気込みが込められている。貧困という実態を把握し、たとえある実践の行動が最適解ではなくてもその行動を尊敬しようとする姿勢がある。第一章で子どもの貧困問題の概論や理論面が説明され、それ以降は個人、自治体、企業から法制度の支援例に言及している。 湯浅誠は08年には年越し派遣村村長として活躍。その後、内閣府参与、法政大学教

自分が過ごした時代区分である「平成」というものがどのように理論的に総括できるのか。それが本書を手に取った理由である。内田樹編者にしたアンソロジーで、政治、文化、自然科学、宗教、哲学など広い分野で平成が論じられている。令和の時代を展望するにあたって、平成がその前後と何が異なるのかを比較することで見えてくるものがある。 編者の内田樹は一人目の論者で政治的な側面から時代を五段階に区分する。平田オリザはス

Featured Posts

Categories

Archives