言語体系に応じた世界観の検証(概略) (revised ver.)

April 2, 2016

 「サピア・ウォーフの仮説」を検証し、言語教育への応用を考察したのが卒業論文の研究内容である。サピア・ウォーフの仮説とは、個人の言語がその思考に影響を与えるという理論である。だが、「言語」は、言語の地理的差異による純粋性の度合い、歴史的な言語の広がりと消滅、そして言語と国家の関係等の理由で定義が難しい。

 そのような曖昧な言語と言語共同体の経験の関係は、個の経験を体系化したものが文法であり、ラングはそのパロールの影響下にあると一方通行的に認識されやすい。だが、実際には、ラングもパロールを支配している。実際、パロールによる経験の処理とは、言語使用の方法によって個の経験を表現する際に前もって選択させられている状態であると言える。ここで、言語は、数学の記号と同様、ある経験に対して一つの呼び方で共有可能な記号として存在していて、可能な限り洗練された記号である。よって、恣意的な存在であったとしても、話者と聞き手の間に共通の心象として、精神の中間世界が存在している。したがって、ある言語共同体の言語は、その性質及び諸科学に影響を与え、同時に影響を受けることも加味すれば、言語共同体の言語使用を見つめることは、その世界を深く切り刻んで分け入ることを意味する。

 このように考えてくると、言語学習とは、その対象の言語共同体の世界観を眺める行為と等しいことになる。これは、当然、現在の日本の英語教育にも該当すると思われる。よって、英語教育とは、英語を母語とする世界の認識方法、文化及び社会を学習することと同じである。また、英語教育の過程で身に付いた異文化理解のための基礎的・基本的な知識、態度及び技術は、他の言語学習や異文化の思考方法や経験を処理する際の道標になる。それは同時に、日本語を見るための鏡の役割を果たしているとも言える。なぜなら、英語学習者は、言語学習の過程で、意識的にしろ、無意識的にしろ、まるでサピアとウォーフが異言語を比較したように、学習者自身の認識方法や経験を再構築する作業を行っているからである。

 以上、述べてきたように、外国語を学ぶということは、四技能の習得に加えて、新しい言語を獲得することにより、今まで持っていなかった新しい思考様式・世界観を獲得することであると言える。そこで、英語教育を進めるにあたり、このような側面を意識しながら、英語教育を進めていく必要があるのではないかと思われる。

 

 

参考文献

E.サピア、 B.L.ウォーフ他、池上嘉彦訳 (1970) 『文化人類学と言語学』弘文堂

フェルデナン・ド・ソシュール、小林英夫訳(1986) 『一般言語学講義』岩波書店

P.トッラッドギル、土田滋訳(1975)『言語と社会』岩波新書

Tom 『言語体系に応じt¥た世界観の検証』(卒業論文) 2003年3月

Please reload

Featured Posts

GHF’03ウェブサイトの引越し完了!

July 9, 2020

1/10
Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Copyright © 2016-2020 Seize your Sky All Rights Reserved.