• Tom Kurihara

叱るということ (revised ver.)


 叱ること、それ自体は簡単である。怒ればよい。しかし、叱ることによってたくましく育てなければならない。教育現場では確かに叱れない教師は失格かもしれない。しかし、叱ってばかりが教育とは絶対に言えない。また、叱るには教師の連携が不可欠である。必ず守らなければならない。

 また、集団への叱るという行為は、その集団を正しく不正のない方向へ導くことにもなる。そうすることにより、規則を遵守し、個人を守る集団へと変化する。叱ることは教師のみならず、家庭や自分自身でも行わなければならない。難しいことに、家庭や自己には学校とはまた違うアプローチが必要だ。叱るとはどういうことか。『高校生の叱り方』(鈴木敏利)を参考に考えてみた。

 子どもが精神的に成長する叱り方を、子どもの本質も見ながら考察してきた。叱るとき、生徒の内面に寄り添い、励まし、一方で叱っていくことが必要である。このとき、それぞれの状況で子どもに合った適切なアドバイスも必要になるとともに、相手の言い分を良く聞くなどの接し方が必要になる。一人ひとりにあった援助や教育方法を考えることだ。愛と教育は結び付いている。さらに、全体での指導では、意味ある見せしめと、子どもに合った、且つ適切に説明し、考えさせる必要がある。子どもは自分で自分を律し、叱ることで成長できるからだ。叱ることが子どもの内面を変えることができれば良いのだ。  叱るということは、子どもの内面からの変容を期待することが大切である。心からの変化がなければ、叱ることは一時的なものになってしまう。そのために、相手を見つめ、「個」に応じた適切なアプローチやアドバイスが必要になってくる。さらに、何度もあきらめずに心底、子どものために指導し、共感し、待つことが大切だ。また、叱りは計算しつくされたものであるべきで、感情的にならず冷静に演技をしなければならない。すなわち、どのような指導する状況においても、内側からの変容を期待し、愛情を持って指導することが最も大切である。

※参考文献

 鈴木敏利(1997)、『高校生の叱り方』学陽書房

 裏C(2009)、GHF’03 「誰かが一言」


8 views

Recent Posts

See All

夏の教育セミナー 2020 〜L・Rは日々の積み重ね〜

今年の夏の教育セミナーは、新型コロナウイルス感染防止の観点からオンラインで視聴するという形になった。実施会場まで足を運ばなくて済んだももの、多忙からすべての内容を視聴することが難しかった。ただ、言うまでもなく例外なのは受験生や保護者、そして指導する教職員、教育関係者も同様である。個人的には、大学入学共通テストを始め、2学期の戦略を立てる上で重要な視点を再認識できたとように思う。安河内哲也氏の動画は

『知の体力』 〜高等学校の学びの本質〜

大学の卒業論文には苦い思い出がある。大学受験までの思考、つまり授業の課題には常に答えがあるという固定概念のせいで、答えのない問題に自分なりの意見を見つけることがあまりなかった。一応卒論ではある程度の結論には達したが、参考書の引用や見解をなぞる部分も多くなってしまった。指導教官に喫茶店で叱られた苦い思い出もある。もし私が学生時代に新書『知の体力』を読んでいたら、卒業論文はまた違った結論になっていただ

学びの見える化

英語入試改革として、民間英語試験の導入と以降措置として大学入学共通テストが導入される。4技能に向けた大学入試や授業などの大きな改善や工夫が求められている。そこで、太田光晴時代が提示した元号ごとの比較を比較することで、これからの英語教育についての展望を描いてみたい。 「昭和」~「いかに教えていくか」(=teaching) 「平成」~「いかに学ばせるか」(=Learning&learning outc

Featured Posts

Categories

Archives

Copyright © 2016-2020 Seize your Sky All Rights Reserved.