日本国憲法改正議論の脆弱性


 今日は憲法記念日だ。世界に誇る日本国憲法を考える祝日だ。今日、安倍政権の集団的自衛権の憲法会社や関連不法案の成立を巡って世論が様々な議論が起こっている。日本が戦後70年以上平和を堅持した象徴であり、一方で大きく変化し続ける国際社会との整合性ある対応が問われている。

 憲法9条の戦争放棄と戦力の不保持には基本的に賛成である。人間は存在するものは無視できない。すなわち、武力がある限りは戦争が起こるという考え方である。核兵器がなくならない限りは核戦争による人類滅亡はいつ起きてもおかしくはない。人間が動物と異なって発展できたのは言語の力であり、我々は言葉を使って諸問題を解決すべきなのだ。武力で解決することでどれだけの血が流れたか。我々は行動に歴史を学び、歴史は繰り返されることが分かっていながらなぜ同じ過ちを繰り返すのか。戦争で自分の子どもや愛する人が失うことは人生の中で最悪の悲劇であることを肝に銘じておくべきだ。

 もちろん理想主義という側面はあるかもしれない。例えば、邦人が有事等に巻き込まれた際に日本が武力を全く使えないのは無力だ。近隣やテロリストの行動などを踏まえると、抑止力として不合理に日本が戦争を仕掛けられるのを防ぐことが現実的な対応でもある。

 ただ、今日の日本の憲法改正議論に関して大きく危惧している点が2つある。1つは、安倍政権の手段的自衛権及び関連法案のプロセスは、時の政府の解釈によってなされたという前例になったことだ。戦争(武力)に関する国の意思決定が国民に分かりにくいように少しずつ右に寄って行き、気付いたら戦争になっていたというのはありえない話でない。それはむしろ現実的な未来である。2つ目は、国民の、特に、ネットユーザーの盲目的で感情的な他人同調論による偽りの愛国心が扇動的に戦争に結びつくことである。彼らは、主義主張が希薄で、むしろ「日本人のため」という大義名分で「他者との繋がりだけ」を求めたい排他主義的差別主義者だ。憎しみや現実社会への鬱憤などに起因する論理などたかが知れているが、この破綻したロジックもいつ何を発端に日本を暴力に引き戻すか予想がつかないところがある。

 総じて、日本は脆弱な政治、世論を抱えた地雷を抱えている。平和な社会を言語で想像するのが我々の使命だ。日本国憲法が絶対の普遍であるとは断言できないが、できる限り最善を尽くし、現実社会との整合性を取る必要があるのだ。いずれにしても、どんな憲法およびその解釈であっても戦争は絶対に許されないのだ。


2 views

Recent Posts

See All

ロシアのウクライナ侵攻は絶対に許されない蛮行だ。もちろん私たちは新米欧諸国の枠組みの中でメディアコントロールされているので、他方にも主張があるかもしれない。しかし、戦争という暴挙が多くの命を奪い、幸せな日常が失われている事実は変わらない。特に、ロシアの戦術は非人道的で絶対に正当化されるべきではない。戦争ではなく軍事作戦だと詭弁を並べ、弱者の市民を殺傷し、人道回廊にも砲火を浴びせる。これらは国際法に

タイトルの「なんとかする」には、筆者の貧困問題に対して「1ミリでも進め」ようとする意気込みが込められている。貧困という実態を把握し、たとえある実践の行動が最適解ではなくてもその行動を尊敬しようとする姿勢がある。第一章で子どもの貧困問題の概論や理論面が説明され、それ以降は個人、自治体、企業から法制度の支援例に言及している。 湯浅誠は08年には年越し派遣村村長として活躍。その後、内閣府参与、法政大学教

自分が過ごした時代区分である「平成」というものがどのように理論的に総括できるのか。それが本書を手に取った理由である。内田樹編者にしたアンソロジーで、政治、文化、自然科学、宗教、哲学など広い分野で平成が論じられている。令和の時代を展望するにあたって、平成がその前後と何が異なるのかを比較することで見えてくるものがある。 編者の内田樹は一人目の論者で政治的な側面から時代を五段階に区分する。平田オリザはス

Featured Posts

Categories

Archives