• Tom

18歳選挙権へ


 選挙権年齢が20歳から18歳に引き下げられた。およそ70年ぶりの拡大で有権者数がおよそ240万人増えることになる。次の7月の参院選が初めての選挙となり、その投票率は注目されるところだ。

 18歳という年齢は、高等学校の卒業年齢と同じである。在学中に選挙権を持つことも可能になるということだ。つまり、在学中に政治活動をすることもできる。これは、教職員が法律で政治活動の制限がある中で選挙教育をする一方で、生徒は学校生活で得た知識や技術を政治活動という実戦に移せるということになる。この微妙な「十字路」で何が起こるかは期待と不安があるところだ。もちろん、社会の「中心」で活躍する18歳と、学校の塀の「外側」にいる学生の化学反応も興味深い。

 しかし、私はそれ以上のある危惧を抱えている。それは、該当有権者の政治的無関心はさることながら、彼らは特に自分の声を持たない世代である。例えば、社会学者の宮台真司のいう「仲間以外はみな風景」的な共感を基盤とした脆弱な集団構成だ。今は良いかもしれない。しかし、これが突然、インターネット上で彼らが好むような人物が登場し、感情的に祭り上げられたとき、日本は誤った舵を取ってしまう可能性がある。歴史は証明している。良識を感情が覆った後の悲劇は繰り返されてしまうことを。

 君主に向かって忠誠を誓い、仲間と命をかけて団結する。その気持ちよさは「右翼」の思想の根底にある気持ちよさだ。本物の「右翼」になれるか。それとも「狂気」と揶揄されるのか。その時代はそれほど遠くないように思える。


1 view

Recent Posts

See All

3度目の緊急事態宣言に思うこと

早稲田大学の総長である、田中愛治は2020年度の入学式辞(実際には9月にオンライン)で「未知の問題に対する解決策を自分の頭で考える力」を「たくましい知性」、「国籍・人種・言語・宗教・文化・信条・障がい・性別・性的指向などが自分と異なる人を受け入れ、理解し、敬意を表すことができる感性」を「しなやかな感性」と呼んでいると述べている。新型コロナウイルスの終息が見えない時代により求められる力と感性であろう

『モラルの起源 ー実験社会学からの問い』〜規則遵守とは?〜

担任の先生が4月の学級目標や委員会等を決める一連のホームルームを学級開きという。そこで私が必ず触れるのが規則遵守の話だ。校則の意味や学級内での責任について理解させることが目的だ。今日、紹介する新書『モラルの起源』は、規則遵守の意味やモラルの重要性を科学的に推論する文献で、教育現場にも応用できる理論である。 私は学問の分類の中で、理系は生活を豊かにし、文系は心を豊かにすると考えている。本書は、その中

「zero コロナ」〜緊急事態宣言再発令の提言〜

どこかへ旅行に行くとして、何も食べることのないプランを計画すると、相当味気ないものになるだろう。もちろん個々の例外や事情はあるが、いずれにしても新型コロナウイル感染予防の観点からすれば、旅行に行くことや外食を勧めることが感染拡大に影響を与えることは素人でも想像できる。政府の対応は、後手に回っているというより、感染拡大を助長してしまっていると言えるだろう。もう緊急事態宣言の再発例が必要なフェーズであ

Featured Posts

Categories

Archives