top of page

地方に生きる


 最近、若者の中で地方移住の回帰があるという。もちろん田舎の暮らしにはビジネスや生活を営むにはいくつかのデメリットがある。しかし一方で、インターネットや新幹線の新設などに伴って新しい地域社会を創造しようとする傾向もある。そこには、コミュニティーを新たに構築していこうとする大きな気概が見える。

 もっとも過疎化した田舎や地方は必ずしも存続の危機に晒されているわけではない。人口が減少していっても、ある一定のラインを超えたときに、そこには定住者の復興の動きが働くからだ。逆に、都会は人の数は増えているが、そこで起こっている人間的なつながりは乏しく、皮肉にも都会こそが「過疎化」していると考えられるかもしれない。

 地方移住に覚悟は必要だ。第一に、仕事だ。都会にくらべ求人数も賃金もビジネスチャンスも不利な点は否めない。また、そのコミュニティーに溶け込めるかはその特性に依るところも大きいだろう。異なる環境に入ることは簡単なことではない。

 ただ、1ついえることは、地方移住で輝いている方々は、その地域を良くしようという社会貢献の精神が強い。その地域のために何が出来るかを真剣に考えているのだ。そういった気持ちが新天地での豊かな生活の要因の1つであることは間違いないだろう。

参考文献

早稲田大学校友会、(2016) 『早稲田学報 4月号』「地方にいきるということ」


4 views

Recent Posts

See All

新型コロナウイル感染が世界中に拡大し、医療・経済・教育などあらゆることが変化し、多くの議論が行われている。現実問題として医療や経済などに目が向かいがちであるが、終息する気配もなく、どこが退廃的な雰囲気が醸成されているのはなぜだろうか。 大澤真幸の論考「不可能なことだけが危機を乗りこえる」(『思想としての新型コロナウイル禍』)はその中でも社会学の視点で論理的にコロナ禍を考察し、今後の展望を述べている

AIの本質を探り、今後の人類のあり方や生き方を模索することは現代社会の大きな議論の一つである。本書は、テクノロジーと生き方の手助けになると思い長期休暇を利用して上下巻を読破した。著者のユヴァル・ノア・ハラリはヘブライ大学の教授で専門は歴史学である。『サピエンス全史』で世界的なベストセラーだ。ちなみに、訳者あとがきは難解な文章の解説的な役割も果たしている。 人類の歴史と展望について、難解な部分もある

熊代亨は著書『健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会の不自由さについて』の中以下のような指摘をしている。現代の私たちは、売買やコミュニケーションを担保する法制度と空間設計、それらに適した通念や習慣が徹底された社会の仕組みから便宜を得られる人がいる一方で、人々が他者と共有できない世界観の存在を見落とす可能性がある。こうした仕組みは私たちを効率性や社会契約の内側へと訓練し続け、内面化された通念や習慣から

Featured Posts

Categories

Archives
bottom of page