top of page

参議院選挙 2016 争点に気づけ!


 2016年7月10日は、第24回参院選選挙だ。選挙権が18歳以上に引き上げられて初めての国政選挙である。しかし、それ以外は、どうも議論が熟さず、不明瞭だ。特に、東京都では、舛添前知事が金銭の不祥事があり、選挙に対する有権者の姿勢は複雑だ。

 政策論争の焦点が混沌としている。いや、ぼやかされている。保守系の新聞では、アベノミクスの是非が問われる選挙であることを強調している。野党は、なりふりかまわず他党と共闘し、当選することを第一目標にしている。

 こうした動きの根底は、すなわち、本当の争点は、憲法改正である。「アベノミクス」は、良し悪しはともかく、政策として継続されることは間違い。しかし、憲法改正は、議席の数によって今後の手続きが変わり、最終的には国民投票にたどり着く。しかし、与党はこれを争点にすることが危険を伴うことを承知している。従って、首相は議論の場ではほとんど触れてない。なぜなら、前回の国政選挙で、この野心を隠し、経済を争点に掲げることで議席を獲得できることを経験的に分かっているからである。

 自分にとって不利な事案を触れないのは戦略しては間違っていない。しかし、国民は、同じ手法に騙されてはいけない。選挙で隠された論点と真実を見抜くべきだ。それができなければ、安保法関連法案通過時の国会前のデモのようになってしまう。気づいたら戦場にいたというのは愚の骨頂なのである。


1 view

Recent Posts

See All

『サレタガワのブルー』(漫画版)〜不倫から純愛への脚本力が面白い〜

『サレタガワのブルー』はセモトちかによる女性漫画で、「読んだら必ず不倫をしたくなくなるマンガ」をコンセプトにしている。出版社は集英社で、アプリ「マンガMee」に掲載されている。ただし、単純な復讐劇ではなく、不倫された側の葛藤、苦しみなどを繊細かつ巧妙に描かれている。全145話(補足も12話あり)で、2018年から2022年まで発表された。2021年には漫画版の前半部分がドラマ化されている。 主人公

共通テスト2024(英語 R/L)の分析と講評

「こんな問題、高校生が解き切れるのだろうか。」これが率直な感想である。毎年、奇問・難問・悪問が多い共通テストの英語問題であるが、今年は一層その程度が増している。平均点は昨年度と比較して、リーディング(R)は約2点低く51.54点、リスニング(L)は約5点高い67.24点であった。 特に、リーディングは、すべて長文問題で語数が大幅に増加し、解答に時間のかかるものや、言い換え表現としてかなり距離がある

『AIと法の時代』〜AIと法の難問を把握する〜

ディープランニングなどの技術発展により第三次AIブームが来ている。どのような倫理観や規制によって共存していくかも世界的な課題である。以前から私は法とAIの関係性に興味があったので、『AIと法の時代』を手に取ってみた。 著者の小塚壮一郎は、上智大学法学科大学院教授等を経て、学習院大学法学部の教授だ。商法・会社法を専門にしている。本書では現代のAI社会を「モノからサービスへ」「財物からデータへ」「法/

Featured Posts

Categories

Archives
bottom of page