• Tom

参議院選挙 2016 争点に気づけ!


 2016年7月10日は、第24回参院選選挙だ。選挙権が18歳以上に引き上げられて初めての国政選挙である。しかし、それ以外は、どうも議論が熟さず、不明瞭だ。特に、東京都では、舛添前知事が金銭の不祥事があり、選挙に対する有権者の姿勢は複雑だ。

 政策論争の焦点が混沌としている。いや、ぼやかされている。保守系の新聞では、アベノミクスの是非が問われる選挙であることを強調している。野党は、なりふりかまわず他党と共闘し、当選することを第一目標にしている。

 こうした動きの根底は、すなわち、本当の争点は、憲法改正である。「アベノミクス」は、良し悪しはともかく、政策として継続されることは間違い。しかし、憲法改正は、議席の数によって今後の手続きが変わり、最終的には国民投票にたどり着く。しかし、与党はこれを争点にすることが危険を伴うことを承知している。従って、首相は議論の場ではほとんど触れてない。なぜなら、前回の国政選挙で、この野心を隠し、経済を争点に掲げることで議席を獲得できることを経験的に分かっているからである。

 自分にとって不利な事案を触れないのは戦略しては間違っていない。しかし、国民は、同じ手法に騙されてはいけない。選挙で隠された論点と真実を見抜くべきだ。それができなければ、安保法関連法案通過時の国会前のデモのようになってしまう。気づいたら戦場にいたというのは愚の骨頂なのである。


1 view

Recent Posts

See All

『あの花の名前を僕達はまだ知らない』〜郷愁の中に咲く「あの花」〜

子どもの頃は抱いていた、でも成長するにつれて忘れてしまった大切なもの。それは、あの頃あの場所に咲いていた「あの花」。仲良し6人組は、メンバーの1人の不慮の事故死をきっかけに離れ離れになってしまった。その5年後、亡くなったヒロインは昔の願いを叶えて欲しいと再び主人公の前に現れる。メンバーの様々な気持ちが交錯するなかで、それでも願いの答え、そしてその先にある本当に大切なものを見つけようとする。ファンタ

箱根駅伝と新型コロナウイルス

新春の2日・3日は東京箱根駅伝だ。母校を応援しようと朝早く起きれば、規則正しい生活を送れるもんだ。大学は青春の1ページであるし、卒業後の母校活躍は一種の自尊心でもあるし、箱根駅伝の強豪校を応援できるのはあの頃必死に頑張った人生のご褒美だ。 ご存知の通り、箱根駅伝はリレー形式になっている。個人の力だけではなく普段のチーム力も試される。また、シード権争って10位を死守する戦いや各中継所によ設定された通

Featured Posts

Categories

Archives

Copyright © 2016-2021 Seize your Sky All Rights Reserved.