• Tom

死刑賛成派も反対派も甘い!


 日弁連が公式に「死刑は廃止すべき」との見解を出した。誤審による死刑は取り返しがつかないことになるからだ。また、国家による殺人は許されな事や死刑囚に与える心身の残虐性等も理由として挙げられるだろう。逆に、死刑反対の理由としては、死刑は合憲であり、犯罪の抑止力になるといった理由が挙げられそうだ。

 私は、死刑反対派である。ただし、死刑囚の人権を守るべきといった、そんな生ぬるいことを語るつもりはない。日本で死刑に相当する場合、よほどの重罪である。死刑囚が獄中でそこそこの衣食住で暮らしている事自体がおかしい。かといって死刑ですべてを水に流すのには惜しいのだ。つまり、死刑の是非を語るときに、両者の立場とも甘いのである。

 私の考える理想の刑は以下のような終身刑である。獄中は生きていくぎりぎりの衣食住しか許されない。朝から晩まで決められたノルマを必ずこなす償いの強制労働だ。寿命が来るまで働く。一生誰とも話す事は許されない。当然、一切の娯楽はなく、個人の所有物を許さない。この罪に値する場合は反省の余地などいらない。

 なぜなら、彼らは死刑に相当するのだから、もう人権の尊重が存在していないのである。一方で、もし冤罪が発覚すれば、その後は誰もが羨むような膨大な賠償金等を払う事にするのだ。死刑よりも恐ろしい人生の墓場を設定する。しかし、そこには誤審による救いだけを残しておく。それが死刑を廃止し、死よりもはるかに恐ろしい「死の終身刑」である。


1 view

Recent Posts

See All

『怒られ力 ー新社会人は怒られてナンボ!—』〜「怒られる」意味を知る〜

周囲が驚くほど怒られたことがあった。それから、周囲が心配するくらい落ち込んでしまった。そんな夜に心の拠り所を求めて行き着いたのが、「怒られても凹まなくなる!“怒られ力”をつける5つの方法」という記事だ。怒ってくれる人は自分の味方であるという事実と、怒る側にも労力が必要である優しさに気付けた。これがきっかけで、この記事の著書を購入することに決めた。 ステージ01「怒られる準備」からためになる話だ。新

疲れ切った土曜日

新型コロナウイルスの感染者が毎日のように報道される。毎日繰り返される感染者数にうんざりしている読者も多いことだと思う。それは、教育現場でも同様で無駄に学習時間だけが増え、生徒も教職員も心身ともに疲れ切っている。 新型コロナ対策で休校期間で授業が出来なかった部分を土曜授業で補おうとする。しかし、平日ではこれ以上授業時間は確保できないから、土曜日に授業が割り当てられる。休校期間には動画配信や遠隔授業な

アドラー心理学4部作 『嫌われる勇気』・『幸せになる勇気』 『アドラー 人生の意味の心理学』 『子どもを勇気づける教師になろう』 <実践編>

実践するにはかなり難しい。それが率直な感想である。 アドラー心理学では、「早期回想」を行い、子どもの記憶から現在の「ライフスタイル」(その人の言動を決定する軸のようなもの)を探ることがある。ここで、ぜひ自身の最も古い記憶を思い浮かべて欲しい。実は数ある出来事の中からそれを記憶しているには何かの理由(つまりライフスタイル)がある。例えば、父親に赤ちゃん用の織に入れられて、舌を出して反抗したとする。こ

Featured Posts

Categories

Archives

Copyright © 2016-2020 Seize your Sky All Rights Reserved.