• Tom

死刑賛成派も反対派も甘い!


 日弁連が公式に「死刑は廃止すべき」との見解を出した。誤審による死刑は取り返しがつかないことになるからだ。また、国家による殺人は許されな事や死刑囚に与える心身の残虐性等も理由として挙げられるだろう。逆に、死刑反対の理由としては、死刑は合憲であり、犯罪の抑止力になるといった理由が挙げられそうだ。

 私は、死刑反対派である。ただし、死刑囚の人権を守るべきといった、そんな生ぬるいことを語るつもりはない。日本で死刑に相当する場合、よほどの重罪である。死刑囚が獄中でそこそこの衣食住で暮らしている事自体がおかしい。かといって死刑ですべてを水に流すのには惜しいのだ。つまり、死刑の是非を語るときに、両者の立場とも甘いのである。

 私の考える理想の刑は以下のような終身刑である。獄中は生きていくぎりぎりの衣食住しか許されない。朝から晩まで決められたノルマを必ずこなす償いの強制労働だ。寿命が来るまで働く。一生誰とも話す事は許されない。当然、一切の娯楽はなく、個人の所有物を許さない。この罪に値する場合は反省の余地などいらない。

 なぜなら、彼らは死刑に相当するのだから、もう人権の尊重が存在していないのである。一方で、もし冤罪が発覚すれば、その後は誰もが羨むような膨大な賠償金等を払う事にするのだ。死刑よりも恐ろしい人生の墓場を設定する。しかし、そこには誤審による救いだけを残しておく。それが死刑を廃止し、死よりもはるかに恐ろしい「死の終身刑」である。


1 view

Recent Posts

See All

卒業する君たちへ 2021

卒業おめでとう。 「本当に大切なものは目には見えない。」(『星の王子様』) 心に芽生えている夢や希望を大切に、良識を持って大空に羽ばたこう。 Seize your Sky!

『老人と海』(福田恆在訳版)〜ロストジェネレーションの希望と勇気〜

読み出したら止まらない。ストーリーは老人が海に漁に出かけ奮闘しするという単純なものであり、それを老人の内面と客観的な事実のみで書かれる、いわゆる「ハードボイルド」の手法で描かれてる。余計な伏線を省いて淡々と、しかし臨場感が洗練された言葉はアメリカ文学の金字塔であり、読者はノーベル文学賞作品の圧倒的な筆力を感じるだろう。 著書はノーベル文学賞作家であるアーネスト・ヘミングウェイだ。1899年イリノイ

『モラルの起源 ー実験社会学からの問い』〜規則遵守とは?〜

担任の先生が4月の学級目標や委員会等を決める一連のホームルームを学級開きという。そこで私が必ず触れるのが規則遵守の話だ。校則の意味や学級内での責任について理解させることが目的だ。今日、紹介する新書『モラルの起源』は、規則遵守の意味やモラルの重要性を科学的に推論する文献で、教育現場にも応用できる理論である。 私は学問の分類の中で、理系は生活を豊かにし、文系は心を豊かにすると考えている。本書は、その中

Featured Posts

Categories

Archives

Copyright © 2016-2021 Seize your Sky All Rights Reserved.