top of page
  • Tom

トランプという賭け


 勝負事は最後まで分からない。予期しない展開や表に出ない要素がある。サッカーも将棋もトランプも。そして、アメリカ大統領選挙も。民主党のヒラリーが優位と言われながら、大方の予想に反して共和党のトランプが時期アメリカ大統領候補に決まった。

 グローバル化という「拡散」する世界とともに、昔ながらの伝統的な考え方や自国の利益を第一に考える「縮小」が活発化している。「拡散」によって生じた労働者階級や庶民の不平や閉塞感の「縮小」する力に押された構図は、英国のEU離脱と同じだ。

 こうした動きからトランプ政策の最も懸念する政策は、極端な保護主義である。自国を優先するあまり、協力から排他による利己的な視野が、結果的に国際的な軋轢にならないか。例えば、移民対策とてメキシコに壁を作ると発言したことは世界的な物議を醸している。冷戦の象徴であったベルリンの壁から何を教訓にしてきたのか。

 もちろん自国の発展の基盤があってこその世界平和であり、どのカードを切れば良いかは誰も分からない。ただ、歴史的な長期展望ですべての「人類」にとって平和で安心して暮らせる社会を創造するべきだ。ひとまず言えることは、アメリカ国民は、”trump card”(とっておきの切り札)になるか、”playing trump”(トランプで遊ぶ)になるのかという賭けに出たということだ。


6 views

Recent Posts

See All

『サレタガワのブルー』(漫画版)〜不倫から純愛への脚本力が面白い〜

『サレタガワのブルー』はセモトちかによる女性漫画で、「読んだら必ず不倫をしたくなくなるマンガ」をコンセプトにしている。出版社は集英社で、アプリ「マンガMee」に掲載されている。ただし、単純な復讐劇ではなく、不倫された側の葛藤、苦しみなどを繊細かつ巧妙に描かれている。全145話(補足も12話あり)で、2018年から2022年まで発表された。2021年には漫画版の前半部分がドラマ化されている。 主人公

共通テスト2024(英語 R/L)の分析と講評

「こんな問題、高校生が解き切れるのだろうか。」これが率直な感想である。毎年、奇問・難問・悪問が多い共通テストの英語問題であるが、今年は一層その程度が増している。平均点は昨年度と比較して、リーディング(R)は約2点低く51.54点、リスニング(L)は約5点高い67.24点であった。 特に、リーディングは、すべて長文問題で語数が大幅に増加し、解答に時間のかかるものや、言い換え表現としてかなり距離がある

『AIと法の時代』〜AIと法の難問を把握する〜

ディープランニングなどの技術発展により第三次AIブームが来ている。どのような倫理観や規制によって共存していくかも世界的な課題である。以前から私は法とAIの関係性に興味があったので、『AIと法の時代』を手に取ってみた。 著者の小塚壮一郎は、上智大学法学科大学院教授等を経て、学習院大学法学部の教授だ。商法・会社法を専門にしている。本書では現代のAI社会を「モノからサービスへ」「財物からデータへ」「法/

Featured Posts

Categories

Archives
bottom of page