• Tom

トランプという賭け


 勝負事は最後まで分からない。予期しない展開や表に出ない要素がある。サッカーも将棋もトランプも。そして、アメリカ大統領選挙も。民主党のヒラリーが優位と言われながら、大方の予想に反して共和党のトランプが時期アメリカ大統領候補に決まった。

 グローバル化という「拡散」する世界とともに、昔ながらの伝統的な考え方や自国の利益を第一に考える「縮小」が活発化している。「拡散」によって生じた労働者階級や庶民の不平や閉塞感の「縮小」する力に押された構図は、英国のEU離脱と同じだ。

 こうした動きからトランプ政策の最も懸念する政策は、極端な保護主義である。自国を優先するあまり、協力から排他による利己的な視野が、結果的に国際的な軋轢にならないか。例えば、移民対策とてメキシコに壁を作ると発言したことは世界的な物議を醸している。冷戦の象徴であったベルリンの壁から何を教訓にしてきたのか。

 もちろん自国の発展の基盤があってこその世界平和であり、どのカードを切れば良いかは誰も分からない。ただ、歴史的な長期展望ですべての「人類」にとって平和で安心して暮らせる社会を創造するべきだ。ひとまず言えることは、アメリカ国民は、”trump card”(とっておきの切り札)になるか、”playing trump”(トランプで遊ぶ)になるのかという賭けに出たということだ。


6 views

Recent Posts

See All

「あなたはこんなことで困っていませんか?『いつも他人の顔色を気にしてビクビクしている。』『相手が少しでも不機嫌増だと自分のせいだと考えてしまう。』「なぜかあの人といると振り回されて、イライラする」(表紙より)一度は似たような経験もあるだろうし、深刻に悩んでしまうこともあるだろう。本書は認知行動療法を用いて人間関係を改善し、新しい生き方を模索する考え方と方法を提唱する。認知行動療法とは、認知(考え方

AIが人間の力を借りることなくその能力を超越する技術的特異点[シンギュラリティー]に到達するのが2045年であると言われている。その未来予測は世界中で大反響を呼び、AIによる人類の恩恵と損害など様々が議論がなされている。AIとは何かを正しく理解するには、まずは本書がお勧めだ。実際、教育業界最大手のベネッセコーポレーションが大学入試小論文対策に挙げている推薦図書でもある。 新井紀子氏は国立情報研究所

初任校ではノートパソコンを活用した最新の講義型の授業をしていた(つもりだった)。当時は英文解釈が中心の予備校風の授業で、生徒に寝られたら見た目が悪いと必死だったが、結局テスト一週間前に演習させるのが最も力がつくなと感じていた。実はその秘密が「生徒の能動的な学習」だったのだろう。大学院での研究以降は、「アクティブラーニング推進校」などの経験から、生徒が「能動的に学ぶ」、そしてそれが結果的に楽しい授業

Featured Posts

Categories

Archives