top of page
  • Tom

トランプという賭け


 勝負事は最後まで分からない。予期しない展開や表に出ない要素がある。サッカーも将棋もトランプも。そして、アメリカ大統領選挙も。民主党のヒラリーが優位と言われながら、大方の予想に反して共和党のトランプが時期アメリカ大統領候補に決まった。

 グローバル化という「拡散」する世界とともに、昔ながらの伝統的な考え方や自国の利益を第一に考える「縮小」が活発化している。「拡散」によって生じた労働者階級や庶民の不平や閉塞感の「縮小」する力に押された構図は、英国のEU離脱と同じだ。

 こうした動きからトランプ政策の最も懸念する政策は、極端な保護主義である。自国を優先するあまり、協力から排他による利己的な視野が、結果的に国際的な軋轢にならないか。例えば、移民対策とてメキシコに壁を作ると発言したことは世界的な物議を醸している。冷戦の象徴であったベルリンの壁から何を教訓にしてきたのか。

 もちろん自国の発展の基盤があってこその世界平和であり、どのカードを切れば良いかは誰も分からない。ただ、歴史的な長期展望ですべての「人類」にとって平和で安心して暮らせる社会を創造するべきだ。ひとまず言えることは、アメリカ国民は、”trump card”(とっておきの切り札)になるか、”playing trump”(トランプで遊ぶ)になるのかという賭けに出たということだ。


6 views

Recent Posts

See All

人は辛い状況に置かれた時に、その因果関係を追求する傾向があるのだと思う。例えば、困っている従業員は「なぜこんな会社のために働いているんだろう」と考える。個人的には、言うまでもなくあのアウシュビッツの強制収容所に比べたら比較にならないほど幸運であるが、それでも「なぜ生きているのだろう」と考えることが多い。従って本著は「生きる意味」を当事者として読めたように感じる。 『夜と霧』の主人公は、第二次世界大

令和5年度の共通テストのリーディング及びリスニングの講評をする。本年度の平均点は、リーディングが53.8点で昨年度より7.9点低く、リスニングは62.3点で2.9点高かった。 リーディングもリスニングも共通テスト独特の傾向があり、トリッキーな問題も複数含まれている。例年通り「入試英語」という範疇の中でも癖のある問題だ。私立大を第一志望としている受験生は、共通テストは受験の最初の関門であって、あえて

波浮 「背脂しょうゆラーメンの極み」 伊豆諸島の一つである神津島。東京からおよそ180km南西にある人口1900人ちょっとの小さな島である。かつて神々が集まって水の分配を話し合ったとされる伝説の島だ。真っ白な浜辺が続く前浜海岸、海底まで透き通った赤崎遊歩道。スノーケリングやダイビングに最適なエメラルドグリーンの海である。そして島の中央には独特のフローラと伊豆諸島を眺められる天上山。さらに多幸湾やあ

Featured Posts

Categories

Archives
bottom of page