本物に触れること


 新年の行事で楽しみにしているのが大学箱根駅伝である。今年の総合優勝は青山学院大学だった。往路優勝の青山学院大学と2位の早稲田大学の差は33秒であったが、復路に配置される選手の総合力を考えると、すでに勝敗は決していたらしい。結果的には青山学院の圧勝であった。

 箱根駅伝では優勝争い以外にもあちこちでドラマが起こる。タスキが繋がるかどうかのタイミングで走者が中継地点に走りこむ姿に思わず力が入ってしまう場面の1つだ。箱根駅伝がここまで多くの人を魅了するのは、台本がない真剣勝負だからだ。皇居ランナーが増えるのはちょうどこの時期らしい。

 個人的には、本物に触れるという意味では、新年の祈祷を本殿で行うときも同じ感覚を持つ。学生の頃は、古典の授業を受けてもピンとくるものがなかったが、日本古来の建築物と囲まれ、神主とともに新年のお願いをすると、その当時の世界観を実感する。

 英語指導の第一人者である安河内哲也は、著書『できる人の勉強法』の中で「『本物』に触れる」ことの大切さを説いている。もし新年の誓いがマンネリ気味になってしまったならば、「本物」に触れることは1つの打開策かもしれない。テレビに映る学生のようにはいかなくとも、時には寄り道をしながらマイペースに走っていきたいものだ。

※参考文献

安河内哲也、(2006)『できる人の勉強法』


2 views

Recent Posts

See All

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。 突然見知らぬ人がお茶をしませんかと家に上がり込み、家中のものを食べ尽した て、そのまま帰っていく。それでも残された家族は動揺もせず、次に同じ客がきた時のためにその分まで食料を買うのだ。ただし、その客は結局、二度と現れなかった。 これは、The Tiger who Came to Eat(『おちゃをのみにきたとら』)という童話の要点であ

今年も新型コロナウイルスは猛威を振るった。新型コロナウイルスは拡大と終息を繰り返したが、特に、オリンピック・パラリンピック(東京五輪)の開催中のコロナ感染拡大第5波はかなり深刻に感じた。一部の人間のために5年越しで強硬手段を取ったことに対する政治への絶望感を感じた。ただ、一方で、藤井聡太四冠は王将戦の挑戦者になって五冠になる可能性を秘めている。そういうわけで、今年の漢字は「五」を予想していた。しか

Featured Posts

Categories

Archives