• Tom

本物に触れること


 新年の行事で楽しみにしているのが大学箱根駅伝である。今年の総合優勝は青山学院大学だった。往路優勝の青山学院大学と2位の早稲田大学の差は33秒であったが、復路に配置される選手の総合力を考えると、すでに勝敗は決していたらしい。結果的には青山学院の圧勝であった。

 箱根駅伝では優勝争い以外にもあちこちでドラマが起こる。タスキが繋がるかどうかのタイミングで走者が中継地点に走りこむ姿に思わず力が入ってしまう場面の1つだ。箱根駅伝がここまで多くの人を魅了するのは、台本がない真剣勝負だからだ。皇居ランナーが増えるのはちょうどこの時期らしい。

 個人的には、本物に触れるという意味では、新年の祈祷を本殿で行うときも同じ感覚を持つ。学生の頃は、古典の授業を受けてもピンとくるものがなかったが、日本古来の建築物と囲まれ、神主とともに新年のお願いをすると、その当時の世界観を実感する。

 英語指導の第一人者である安河内哲也は、著書『できる人の勉強法』の中で「『本物』に触れる」ことの大切さを説いている。もし新年の誓いがマンネリ気味になってしまったならば、「本物」に触れることは1つの打開策かもしれない。テレビに映る学生のようにはいかなくとも、時には寄り道をしながらマイペースに走っていきたいものだ。

※参考文献

安河内哲也、(2006)『できる人の勉強法』


2 views

Recent Posts

See All

謹賀新年 2020

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。 世界で最も有名な今年の干支といえばミッキーマウスだろう。このネズミは害チュウどころか、チュウ夜問わず多くの人が彼とその仲間に会い行っている。”If you can dream it, you can do it.”(*1)これは生みの親であるウォルト・ディズニー言葉である。この信念からチュウ出された情熱が「夢の国」の誕生に繋がった

大晦日 2019

問題を直視せず、先送りをしたことで一気にその不満が爆発したように感じる。香港の雨傘運動は、若者が「高度の自治」の形骸化を遅れてNO!を突きつけた形となった。また、16歳の環境活動家グレタ・トゥンベリは、国連の「気候行動サミット」で各国首脳陣に地球温暖化防止を強い口調で訴えた。建前や保身といった「大人の世界」が世界中で痛烈に非難された出来事であった。 「先送り」というキーワードで国内を見ると、大学入

今年の漢字 2019

「無難だな。」これが率直な感想だ。日本漢字検定が公募して発表する今年の漢字は「令」になった。平成から「令和」に変わったことに加え、その元号の由来が古典に由来することで、日本の伝統文化を再認識するきっかけとなったからだとい う。一年の総まとめの漢字が否定的なニュアンスでないことは喜ばしいことだ。 さて、ここからはGHF’03から続く毎年恒例の「私の今年の漢字」シリーズだ。 2008年「転」 2009

Featured Posts

Categories

Archives

Copyright © 2016-2020 Seize your Sky All Rights Reserved.