top of page
  • Tom

うるさい「騒音」問題


 除夜の鐘は大晦日から新年を跨いで108回突かれる。深夜の「ご~ん」という音を聴きながら気持ちを新たにする人も多いだろう。ところが、その厳かな音を「騒音」だとクレームを入れる人がいる。「寺の周辺に住むようになった新しい住民にも対応する必要があり、いろいろな形を模索する時代」らしい。

 保育施設の子どもの声も騒音だとして自治体に苦情を出す人がいる。実際、主要146自治体中の109自治体では何らかの苦情を受けているという。およそ75%である。地域社会の顔の見えない分断がこのような事態を招いているという声がある。なんと「騒音」に不寛容な時代になってしまったのだろうか。

 人は音を「共有」できないと不快に感じるのだろう。例えば、電車で友達同士が会話を楽しむことに誰も意義を唱えないが、携帯電話をしているビジネスパーソンには厳しい目が向けられる。集団での立ち位置が重要視される日本独特の歴史的文化である。

 それが、悪い意味で表面化したのがこの「騒音」問題だ。地域の分断や過度な権利主張などが遠因である。自分とは関係のない私的な領域において、子どもの声までが「騒音」となるかどうかは、歪んだ社会の我々への「警告」である。

※参考文献

読売新聞、(2016,12,29)


6 views

Recent Posts

See All

新型コロナウイル感染が世界中に拡大し、医療・経済・教育などあらゆることが変化し、多くの議論が行われている。現実問題として医療や経済などに目が向かいがちであるが、終息する気配もなく、どこが退廃的な雰囲気が醸成されているのはなぜだろうか。 大澤真幸の論考「不可能なことだけが危機を乗りこえる」(『思想としての新型コロナウイル禍』)はその中でも社会学の視点で論理的にコロナ禍を考察し、今後の展望を述べている

AIの本質を探り、今後の人類のあり方や生き方を模索することは現代社会の大きな議論の一つである。本書は、テクノロジーと生き方の手助けになると思い長期休暇を利用して上下巻を読破した。著者のユヴァル・ノア・ハラリはヘブライ大学の教授で専門は歴史学である。『サピエンス全史』で世界的なベストセラーだ。ちなみに、訳者あとがきは難解な文章の解説的な役割も果たしている。 人類の歴史と展望について、難解な部分もある

熊代亨は著書『健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会の不自由さについて』の中以下のような指摘をしている。現代の私たちは、売買やコミュニケーションを担保する法制度と空間設計、それらに適した通念や習慣が徹底された社会の仕組みから便宜を得られる人がいる一方で、人々が他者と共有できない世界観の存在を見落とす可能性がある。こうした仕組みは私たちを効率性や社会契約の内側へと訓練し続け、内面化された通念や習慣から

Featured Posts

Categories

Archives
bottom of page