教員のTOEIC問題


 読売新聞によると、今年度受験した京都府(京都市除く)の中学校教員74人にTOEICを受験させたところ、730点(英検準1級相当)以上は16人だったという。そのうち14人は500点に届かず、最低点は280点だ。府教委は、教員の多忙を考慮しながらも環境体制の構築を考えるそうである。

 しかし、このTOEICという試験の英語は、中学校の基礎的な英語と質量ともにかなり隔たりがある。実際、その内容は読み・書きに特化したビジネス英語で、受動型英語の能力を測定するものである。だから、一概にこの点数が低いからといって総合的な英語力が乏しいとは言えないのである。

 問題の本質の1つは、府教委の言うように教員の多忙感や労働環境だろう。高校の教員は教員免許を所持し、教員採用試験という選抜試験に合格しているだから、専門的知識はある。さらに勉強する時間が欲しいと思っている方も多いのではないか。公表された数値を批判的に扱うよりも建設的な議論に発展して欲しいと思う。

 ただし、英語を専門職とするならば、ある程度の能力は求められる。環境等が改善されたならば、あとは使命感や誇りの問題ではないだろうか。

※参考文献

 読売新聞、2017.2.28、「中学英語教員、達成2割…TOEIC目標」


13 views

Recent Posts

See All

高校卒業後の進路選択の1つに専門学校がある。その大まかな定義であるが、職業に直結した専門的知識、技能・習得のための授業が中心とする学校のことである。①工業、②農業、③医療、④衛生、⑤教育・福祉、⑥商業実務、⑦服飾・家政、⑧文化・教養の8分野に分かれている。また、専門学校には認可校と無認可校があり、前者は学割がある、公的な奨学金や教育ローンが活用できる、学位が専門士となる、といった違いがあるので、そ

AIが人間の力を借りることなくその能力を超越する技術的特異点[シンギュラリティー]に到達するのが2045年であると言われている。その未来予測は世界中で大反響を呼び、AIによる人類の恩恵と損害など様々が議論がなされている。AIとは何かを正しく理解するには、まずは本書がお勧めだ。実際、教育業界最大手のベネッセコーポレーションが大学入試小論文対策に挙げている推薦図書でもある。 新井紀子氏は国立情報研究所

初任校ではノートパソコンを活用した最新の講義型の授業をしていた(つもりだった)。当時は英文解釈が中心の予備校風の授業で、生徒に寝られたら見た目が悪いと必死だったが、結局テスト一週間前に演習させるのが最も力がつくなと感じていた。実はその秘密が「生徒の能動的な学習」だったのだろう。大学院での研究以降は、「アクティブラーニング推進校」などの経験から、生徒が「能動的に学ぶ」、そしてそれが結果的に楽しい授業

Featured Posts

Categories

Archives