• Tom

『ゴーマニズム宣言 脱原発論』 〜原発リスクは0にする〜


 この著書の内容にあるデータや事実等がすべて真実として議論することはできない。また、素人には判断が難しい詳細な科学的データや歴史的・社会的背景など多い。しかし、総じてこの本の示す方向性が正しいように感じる。やはり、日本は原発から代替エネルギーへの転換を図るべきであろう。

 特に危機感を覚えた特筆すべき内容がある。考えてみれば当然のことなのであるが、それは使用済み核燃料と高レベル放射線廃棄物の処理についてだ。核燃料の再処理最終形態であるガラス個体物の表面は、人間が20秒で死ぬとされる放射性の214倍以上の放射線量を出している。さらに悪いことに、それが安全な物質になるまでにはおよそ10万年かかるという。つまり、最終的な処分場所として地中を選び、金属等で覆われた状態にしても、地殻変動を考えれば非常に危険な状態である。まして日本は地震大国だ。「人類はもう取り返しのつかないことをやってしまった」だけではなく、「全人類の歴史に対する責任」なのである。

 何万年という期間を考えれば、そもそも原発施設自体がもろい建造物である。インフラは一定の年限で老朽化する。原発問題も想定外が起こったからこそクローズアップされたのだ。そうした事実から目をそらしてでも原子力発電に拘る理由が分からない。利権か?それとも不都合な事実?

 小林の言うように、は原子力の技術は、「リスクが大きすぎて失敗が許されない」もので「国家の保証上、危険すぎる」のだ。原発は技術・防衛・環境などあらゆる視点からリスクの最小限からリスクのゼロに向かわなければならない。

 批判のみなら誰でも出来るかが、最後に今後の展望も実証的に示している。代替エネルギーの可能性だ。その妥当性はともかくとして、その残された可能性を追求するのが私たちの世代の償いだと思う。今すぐにでも原発は廃止しなければならないのである。

※参考文献

小林よしのり、(2012)、『ゴーマニズム宣言 脱原発論』


8 views

Recent Posts

See All

ロシアのウクライナ侵攻は絶対に許されない蛮行だ。もちろん私たちは新米欧諸国の枠組みの中でメディアコントロールされているので、他方にも主張があるかもしれない。しかし、戦争という暴挙が多くの命を奪い、幸せな日常が失われている事実は変わらない。特に、ロシアの戦術は非人道的で絶対に正当化されるべきではない。戦争ではなく軍事作戦だと詭弁を並べ、弱者の市民を殺傷し、人道回廊にも砲火を浴びせる。これらは国際法に

タイトルの「なんとかする」には、筆者の貧困問題に対して「1ミリでも進め」ようとする意気込みが込められている。貧困という実態を把握し、たとえある実践の行動が最適解ではなくてもその行動を尊敬しようとする姿勢がある。第一章で子どもの貧困問題の概論や理論面が説明され、それ以降は個人、自治体、企業から法制度の支援例に言及している。 湯浅誠は08年には年越し派遣村村長として活躍。その後、内閣府参与、法政大学教

自分が過ごした時代区分である「平成」というものがどのように理論的に総括できるのか。それが本書を手に取った理由である。内田樹編者にしたアンソロジーで、政治、文化、自然科学、宗教、哲学など広い分野で平成が論じられている。令和の時代を展望するにあたって、平成がその前後と何が異なるのかを比較することで見えてくるものがある。 編者の内田樹は一人目の論者で政治的な側面から時代を五段階に区分する。平田オリザはス

Featured Posts

Categories

Archives