top of page
  • Tom

英語を感覚で理解する 〜『一億人の英文法』〜


 英文法は、多くの場合、機会的に暗記することが多いだろう。しかし、大西泰斗著『一億人の英文法』は、そうした膨大な知識をうまく結びつけさせてくれるとともに、英語を感覚的に処理していくことを可能にさせてくれる。

 例えば、動詞の「過去形」の本質である。「過去形」の持つ本来の意味は「距離感」である。

It started raining.

(過去という現在に対して時間軸上の距離)

How many nights did you wish to stay, sir?

(厚かましさから心理的な距離)

I wish I had a girlfriend.

(現実から乖離した、思考的な距離)

過去形、丁寧表現、仮定法など、ばらばらだった文法事項がたった1本の糸で結びつくのである!

 もちろん図説を用いた部分的な知識の定着であれば類似の本はあるだろう。しかし、この本の革新的な部分は、総括的に単語や文法を分析し、英語のシステムと「意識」で解説しているところである。「基本文系」「修飾方向」「配置転換」「時表現」の4つから編成し、従来の文法書にない視点から実用英語を勉強することで、英語という言語への本当の理解を促してくれる。ネイティヴスピーカーの「意識」がそこにある。

 英語学習は、体(脳と口)が自動的に反射するまで鍛えなければならない。最終目標は、日本語を介さずに、感覚的に「左から右、上から下へ語順のまま使用する」ことだあり、感覚的なアプローチが絶対的に有効なのである。機会的暗記から感覚的理解へ繋げていくことで、4技能の飛躍的な向上が望めるのである。

※参考文献

『一億人の英文法』(東進ブックス)、(2011)大西泰斗・ポールマクベイ


71 views

Recent Posts

See All

共通テスト2024(英語 R/L)の分析と講評

「こんな問題、高校生が解き切れるのだろうか。」これが率直な感想である。毎年、奇問・難問・悪問が多い共通テストの英語問題であるが、今年は一層その程度が増している。平均点は昨年度と比較して、リーディング(R)は約2点低く51.54点、リスニング(L)は約5点高い67.24点であった。 特に、リーディングは、すべて長文問題で語数が大幅に増加し、解答に時間のかかるものや、言い換え表現としてかなり距離がある

英検の新設級導入、反対!

実用英語技能検定協会が、2023年9月29日に英検準2級と2級の間に新設を導入するというのプレスリリースを出した。結論からいうと、新級創設には強く反対する。確かに高校2年生次に目標設定の効果はあるかもしれないが、受験料、ネーミング、資格的価値等から鑑みて反対である。 新設級(以下、「A準2級 [Advanced 準2級] )の導入の概要は、5級が中学1年生終了程、同様に4級が2年生、3級が3年生、

激震!英検が問題改定、増級、AI採点をプレスリリース

ここ数ヶ月、英検のプレスリリース発表で重要ニュースが続いている。激震だ。実用英語技能検定試験(以下、英検)の英作文及びスピーキングテストの一部変更、2級及び準2急の間の新設級、さらに採点・評価にAI活用実施である。 まず英検の問題形式の一部リニューアルの内容は以下のようになっている。 <1時試験>(1級~3級) ・1級~2級:ライティング2問(意見論述と要約)へ増加、リーディングの設問数削減(語彙

Featured Posts

Categories

Archives
bottom of page