四つ葉のクローバー、大きくなったよ!


 早稲田大学の大隈庭園は、早稲田大学の創立者である大隈重信が住んだところであった。大隈はそこに住み始めてから園芸に興味を持ち、深い知識と確かな技術を持ったという。もともと多趣味であったが、やはり歴史に名を超1流は違う。晩年には多くの品種改良まで行った。大隈庭園の植物は第二次世界大戦でその多くのを失ってしまったが、その精神は多くの学生や交友に引き継がれているようだ。

 実際、植物を仕事としている人は、植物への愛情がその人の人生観となって現れているように感じる。例えば、樹木医やブリザード作家は、クライエントの希望や条件によって植物のもっとも輝く形を見つけていく。植物を通した確固たる人生観の構築と他者の幸福を願う姿は美しいの一言に尽きるだろう。確かに植物は感動を運ぶ。

 教え子から「四つ葉のクローバーセット」をもらった。直接手渡しでもらったのではない。彼女は都合で転学していったのだが、年度末にロッカーの引き渡しをするので清掃をしていたところ、その中にプレゼントと一緒に置いてあったのだ。「にくいことをするなぁ!」君にとってはちょっとしたゲーム感覚だったのかな。ずっと嬉しくてタ種を蒔けなかったよ。今年4月にやっと植えてみたよ。家族に手伝ってもらって、こんなに大きくなりまhした。君も自分の人生を精一杯頑張ってるのかな!

 ありがとう。

※参考文献

早稲田大学校友会、(2016.6)、『早稲田学報』「植物の世界」


4 views

Recent Posts

See All

「あなたはこんなことで困っていませんか?『いつも他人の顔色を気にしてビクビクしている。』『相手が少しでも不機嫌増だと自分のせいだと考えてしまう。』「なぜかあの人といると振り回されて、イライラする」(表紙より)一度は似たような経験もあるだろうし、深刻に悩んでしまうこともあるだろう。本書は認知行動療法を用いて人間関係を改善し、新しい生き方を模索する考え方と方法を提唱する。認知行動療法とは、認知(考え方

大学受験の12月の午後だった。高田馬場の駅を降りてとぼとぼと、でも心の中はぎらついたものを持ちながら歩いた。大学受験の第一希望は早稲田大学の社会学部と決めていた。globeの『Winter comes around again』を聴きながら、もう受験勉強は今年で終わりだと心に誓っていた。1浪してどこも合格できなかったらきっともう親は助けてくれないだろうから。 明治通りの交差点を抜けると、通りに面し

Featured Posts

Categories

Archives