top of page
  • Tom

『The Little Prince』 〜Anything essential is invisible to the eyes〜 (Revised Ver.)


 『The Little Prince』は、著者はフランス人のサン=テグジュベリ。原典はフランス語だが1943年にアメリカで出版された。日本では、観光名所として星の王子様ミュージアムなどもある。児童文学の世界的作品だ。子どものときには誰もが持っていた純粋で、ノスタルジーの心を思い出せてくれる。

 作品は、冒頭の”boa constrictor”から王子様の旅立ちまで子ども純粋な視座で一貫している。特に、王子が地球に向かう前に出会った6人の大人も子供目線からみた大人の不思議な実態を軽妙だ。大人が不必要なほどに抱える、体裁・利己主義・矛盾・形式化・従順・理論偏重を描き出しながら、子ども目線からの純粋な視点で批判は、私たちへの「気づきのヒント」に近い。さらに、最後は、星の王子様が「星に帰る」のだが、生死はその明らかにされていない。しかし、本当に作者が伝えたかったことは、大人がそうしたことに執着してしまうことへの巧妙な異論だ。

 私が読んだのは英語版で原語ではないのだが、翻訳者の英語の美しさにも大きく魅了された。そうしたコンテクストにおける数々の名言の中でも、やはり珠玉の名言はこれである。”One sees clearly only with the heart. Anything essential is invisible to the eyes.”(心の目で見るんだよ。本当に大切なものは目に見えないんだ。/裏C訳)ここまでのストーリーラインから突出することなく、しかし、読むものの心に永遠に刻み付ける力強いメッセージ性を与えている。

 『星の王子様』は、ここで紹介されている以上に、様々な解釈が可能であり、多くの示唆に富んでいる。文学作品として深く理論的に感じてみたい作品だ。

※参考文献

『The Little Prince』(A HARVEST BOOK HARCOURT, INC.)、(1943)サン=テグジュベリ


9 views

Recent Posts

See All

新型コロナウイル感染が世界中に拡大し、医療・経済・教育などあらゆることが変化し、多くの議論が行われている。現実問題として医療や経済などに目が向かいがちであるが、終息する気配もなく、どこが退廃的な雰囲気が醸成されているのはなぜだろうか。 大澤真幸の論考「不可能なことだけが危機を乗りこえる」(『思想としての新型コロナウイル禍』)はその中でも社会学の視点で論理的にコロナ禍を考察し、今後の展望を述べている

AIの本質を探り、今後の人類のあり方や生き方を模索することは現代社会の大きな議論の一つである。本書は、テクノロジーと生き方の手助けになると思い長期休暇を利用して上下巻を読破した。著者のユヴァル・ノア・ハラリはヘブライ大学の教授で専門は歴史学である。『サピエンス全史』で世界的なベストセラーだ。ちなみに、訳者あとがきは難解な文章の解説的な役割も果たしている。 人類の歴史と展望について、難解な部分もある

熊代亨は著書『健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会の不自由さについて』の中以下のような指摘をしている。現代の私たちは、売買やコミュニケーションを担保する法制度と空間設計、それらに適した通念や習慣が徹底された社会の仕組みから便宜を得られる人がいる一方で、人々が他者と共有できない世界観の存在を見落とす可能性がある。こうした仕組みは私たちを効率性や社会契約の内側へと訓練し続け、内面化された通念や習慣から

Featured Posts

Categories

Archives
bottom of page