国連により大きな権力を


 あなたはその朝の約4分で何が出来たか。8月29日の朝6時に携帯電話が突然鳴り、テレビをつけると見たことが画面は緊急表示となっている。朝北朝鮮がミサイルを発射してから日本を横断するまで約4分。Jアラートの功罪はこともかく、一般人が気づく前にすでに有事であった可能性もあった。北朝鮮の横暴は止まらない。

 人は便利なものがあれば使いたくなる。例えば、核兵器は自国を守るだけではなく、他国への優位性を示すことができる。だから、特定の国だけが脅威的な武力を持つことは全体に大きなアンバランスを持ち込むことになる。

 一方で、すべての人間が平和的な解決や知性のある行動を取るとは限らない。遵守や常識がない無法者には抑止力と対処療法が必要になる。合理的な法律があり、正しい意思決定のもとにしかるべき処置を取ることで秩序を保つ。警察はその一例だ。

 したがって、国連にのみ武力行使の権利を与え、すべての国は武力放棄をする。ある国だけが巨大な軍事力や核武装をするから不公平で、物事が解決しないのだ。全ての国が一斉に軍縮の条約を批准し、遵守しない国には「世界」が然るべきプロセスを経て経済的、必要に応じて武力で制裁を加えるべきなのである。理念なき行動は虚しい。理想論でも良い。世界の平和と秩序を守るベクトルを大切にしたい。


2 views

Recent Posts

See All

ロシアのウクライナ侵攻は絶対に許されない蛮行だ。もちろん私たちは新米欧諸国の枠組みの中でメディアコントロールされているので、他方にも主張があるかもしれない。しかし、戦争という暴挙が多くの命を奪い、幸せな日常が失われている事実は変わらない。特に、ロシアの戦術は非人道的で絶対に正当化されるべきではない。戦争ではなく軍事作戦だと詭弁を並べ、弱者の市民を殺傷し、人道回廊にも砲火を浴びせる。これらは国際法に

タイトルの「なんとかする」には、筆者の貧困問題に対して「1ミリでも進め」ようとする意気込みが込められている。貧困という実態を把握し、たとえある実践の行動が最適解ではなくてもその行動を尊敬しようとする姿勢がある。第一章で子どもの貧困問題の概論や理論面が説明され、それ以降は個人、自治体、企業から法制度の支援例に言及している。 湯浅誠は08年には年越し派遣村村長として活躍。その後、内閣府参与、法政大学教

自分が過ごした時代区分である「平成」というものがどのように理論的に総括できるのか。それが本書を手に取った理由である。内田樹編者にしたアンソロジーで、政治、文化、自然科学、宗教、哲学など広い分野で平成が論じられている。令和の時代を展望するにあたって、平成がその前後と何が異なるのかを比較することで見えてくるものがある。 編者の内田樹は一人目の論者で政治的な側面から時代を五段階に区分する。平田オリザはス

Featured Posts

Categories

Archives