• Tom

国連により大きな権力を


 あなたはその朝の約4分で何が出来たか。8月29日の朝6時に携帯電話が突然鳴り、テレビをつけると見たことが画面は緊急表示となっている。朝北朝鮮がミサイルを発射してから日本を横断するまで約4分。Jアラートの功罪はこともかく、一般人が気づく前にすでに有事であった可能性もあった。北朝鮮の横暴は止まらない。

 人は便利なものがあれば使いたくなる。例えば、核兵器は自国を守るだけではなく、他国への優位性を示すことができる。だから、特定の国だけが脅威的な武力を持つことは全体に大きなアンバランスを持ち込むことになる。

 一方で、すべての人間が平和的な解決や知性のある行動を取るとは限らない。遵守や常識がない無法者には抑止力と対処療法が必要になる。合理的な法律があり、正しい意思決定のもとにしかるべき処置を取ることで秩序を保つ。警察はその一例だ。

 したがって、国連にのみ武力行使の権利を与え、すべての国は武力放棄をする。ある国だけが巨大な軍事力や核武装をするから不公平で、物事が解決しないのだ。全ての国が一斉に軍縮の条約を批准し、遵守しない国には「世界」が然るべきプロセスを経て経済的、必要に応じて武力で制裁を加えるべきなのである。理念なき行動は虚しい。理想論でも良い。世界の平和と秩序を守るベクトルを大切にしたい。


2 views

Recent Posts

See All

3度目の緊急事態宣言に思うこと

早稲田大学の総長である、田中愛治は2020年度の入学式辞(実際には9月にオンライン)で「未知の問題に対する解決策を自分の頭で考える力」を「たくましい知性」、「国籍・人種・言語・宗教・文化・信条・障がい・性別・性的指向などが自分と異なる人を受け入れ、理解し、敬意を表すことができる感性」を「しなやかな感性」と呼んでいると述べている。新型コロナウイルスの終息が見えない時代により求められる力と感性であろう

『モラルの起源 ー実験社会学からの問い』〜規則遵守とは?〜

担任の先生が4月の学級目標や委員会等を決める一連のホームルームを学級開きという。そこで私が必ず触れるのが規則遵守の話だ。校則の意味や学級内での責任について理解させることが目的だ。今日、紹介する新書『モラルの起源』は、規則遵守の意味やモラルの重要性を科学的に推論する文献で、教育現場にも応用できる理論である。 私は学問の分類の中で、理系は生活を豊かにし、文系は心を豊かにすると考えている。本書は、その中

「zero コロナ」〜緊急事態宣言再発令の提言〜

どこかへ旅行に行くとして、何も食べることのないプランを計画すると、相当味気ないものになるだろう。もちろん個々の例外や事情はあるが、いずれにしても新型コロナウイル感染予防の観点からすれば、旅行に行くことや外食を勧めることが感染拡大に影響を与えることは素人でも想像できる。政府の対応は、後手に回っているというより、感染拡大を助長してしまっていると言えるだろう。もう緊急事態宣言の再発例が必要なフェーズであ

Featured Posts

Categories

Archives