祝!サッカー日本代表ロシアW杯出場決定!


 サッカー日本代表は、2018年のロシアW杯出場を掛けて、8月31日埼玉スタジアムでオーストラリアと対戦し、見事に勝利を収めた。これで6年炎連続W杯出場となれば、日本のサッカー人気と実力はここ数十年で確実に伸びて来たことは間違いない。

 W杯の度にサッカーファンになる「ニワカ」も批判する人もいる。でも、そうした一時的なファンであってもファン出ることには変わりはない。むしろ素人が「たられば」を語り、選手選考や戦術が酒のつまみになっても良いではないだろうか。

 サッカーは選手の特徴やポジションによって様々な戦略を立てられるところは、私の好きな将棋にも似ている。自分はうまくプレーは出来ないけれど、きっとこの選手はこのように動くと良さが出るとか、攻撃的に陣形を組みたいとか想像が膨らんでくる。だから、私は同時に選手の体の入れ方などの技術的な部分などは極力批判しないようにしている。

 サッカーファンにとっては今回の勝利はW杯に繋がった大きな勝利だ。世界中がW杯で盛り上がっているなかで、自分が応援するチームが参戦できないのは悔しい。オリンピックとは違う選抜的な要素を含んだ世界的スポーツの祭典を楽しみたい。頑張れ、日本。まずはベスト4!これで息子もさらにサッカーを好きになってくれたら…。外野の夢もまた大きい。


1 view

Recent Posts

See All

新海誠監督作品『天気の子』『君の名は』『ほしのこえ』を鑑賞してきた。今作の『雲の向こう、約束の場所』もまた新海ワールドが広がっている。彼の恋愛観や世界観、演出や構成などの中核となっている原点がここにある。なぜならこれが深海誠監督にとって初の長編アニメーションであったからだ。ただ、体調不良の中、ベッドで鑑賞したせいなのかもしれないと思った。映画終了後の心の第一声は「なんだかしんどい映画」だった。複雑

大学の部活動となると、もはや高校とは別世界である。大学の名前を背負って戦うわけで負けることが許されない世界だ。箱根駅伝を走った渡辺康幸もあこがれの先輩と4人部屋で過ごし、時にはゴキブリが身体を這うこともあったという。それでも走るのが楽しくて仕方がなかったと早稲田学報で語っている。その功績は選手としても監督してはここに書き切れないほど輝かしものであるが、今年も早稲田だの選手はその教えを繋いだ選手が箱

Featured Posts

Categories

Archives