• Tom

祝!サッカー日本代表ロシアW杯出場決定!


 サッカー日本代表は、2018年のロシアW杯出場を掛けて、8月31日埼玉スタジアムでオーストラリアと対戦し、見事に勝利を収めた。これで6年炎連続W杯出場となれば、日本のサッカー人気と実力はここ数十年で確実に伸びて来たことは間違いない。

 W杯の度にサッカーファンになる「ニワカ」も批判する人もいる。でも、そうした一時的なファンであってもファン出ることには変わりはない。むしろ素人が「たられば」を語り、選手選考や戦術が酒のつまみになっても良いではないだろうか。

 サッカーは選手の特徴やポジションによって様々な戦略を立てられるところは、私の好きな将棋にも似ている。自分はうまくプレーは出来ないけれど、きっとこの選手はこのように動くと良さが出るとか、攻撃的に陣形を組みたいとか想像が膨らんでくる。だから、私は同時に選手の体の入れ方などの技術的な部分などは極力批判しないようにしている。

 サッカーファンにとっては今回の勝利はW杯に繋がった大きな勝利だ。世界中がW杯で盛り上がっているなかで、自分が応援するチームが参戦できないのは悔しい。オリンピックとは違う選抜的な要素を含んだ世界的スポーツの祭典を楽しみたい。頑張れ、日本。まずはベスト4!これで息子もさらにサッカーを好きになってくれたら…。外野の夢もまた大きい。


1 view

Recent Posts

See All

一流選手のメンタル力

東京オリンピックが新型コロナウイルのために平和の祭典は延期となった。社会的に大きな影響を与えたが、それは日々競技に深刻に打ち込む選手にも精神的に大きなものであっただろう。例えばハンドボールの東江悠斗は、「五輪が延期になったから成長できる」とあくまで肯定的に捉えている。一流の選手の言霊は違うなと思った。 池江璃花子選手日本選手権の女子自由形決勝で代表内的基準のタイムをクリアし、リレーメンバーとして五

『あの花の名前を僕達はまだ知らない』〜郷愁の中に咲く「あの花」〜

子どもの頃は抱いていた、でも成長するにつれて忘れてしまった大切なもの。それは、あの頃あの場所に咲いていた「あの花」。仲良し6人組は、メンバーの1人の不慮の事故死をきっかけに離れ離れになってしまった。その5年後、亡くなったヒロインは昔の願いを叶えて欲しいと再び主人公の前に現れる。メンバーの様々な気持ちが交錯するなかで、それでも願いの答え、そしてその先にある本当に大切なものを見つけようとする。ファンタ

箱根駅伝と新型コロナウイルス

新春の2日・3日は東京箱根駅伝だ。母校を応援しようと朝早く起きれば、規則正しい生活を送れるもんだ。大学は青春の1ページであるし、卒業後の母校活躍は一種の自尊心でもあるし、箱根駅伝の強豪校を応援できるのはあの頃必死に頑張った人生のご褒美だ。 ご存知の通り、箱根駅伝はリレー形式になっている。個人の力だけではなく普段のチーム力も試される。また、シード権争って10位を死守する戦いや各中継所によ設定された通

Featured Posts

Categories

Archives