早稲田大学医学部?


 早稲田大学(早稲田専門学校)の設立当時は、医療従事者ではなく政治家の排出に重きを置いていた。また、1981年以降は医師過剰を考慮し、医学部新設は乗り遅れた格好になっている。そのため、ハーバードや東大・慶応といった名門校が当然持っているべき財産を持っていない。

 知識や技術、設備や人材が揃うところには、医学部を新設しても良いと思う、医師過剰になるかどうかは、教員採用試験と同様に一定の基準や設定すれば良い。逆に、大学入試の学力試験でのみ医師の適性を見る方が危険である。国際競争社会の中で世界中の国で医療分野を開拓する選択する方法もある。学生が未開の地で医療を整備する戦略を取れるのも総合大学の強みである。

 早稲田大学の魅力の1つは、ー非常にいやらしい言い方ではあるがーそのブランド力であること否定できない。だからこそ多くの学生が全国から集結する。医学部設立のための規制緩和と国家試験の強化は1つの国家戦略である。

※参考文献

早稲大学校友会、(2016.8) 『早稲田学報』


23 views

Recent Posts

See All

体調を崩して病院へ行く。私はここでいつも何か苦虫を噛み潰す気持ちになってしまう。医療情報と金銭権力を持っている大病院、計算根拠が複雑な診療報酬点、二度手間感じる院外処方箋。これらは適正に処理・評価されていているのか。このまま家族や私の最期の日まで適切な医療恩恵を受けられるのだろうか?結局、体調が回復してしまえば、日常に忙殺され、そのときの判然としない気持ちは消えてしまう。そんな私も本書を読み進むに

本書は66のエッセイ集から成り立っているが、理系分野の難解な用語はない。そもそもこれらは『文藝春秋』の連載記事を再編集したものだ。一般読者を想定して書かれているから、3ページ程度のエッセイはさらっと読める。 著者は福岡伸一氏で分子生物学者を専門としている青山学院大学教授だ。テレビ等にも出演し、本人の名前がクイズになるほど著名である。ベストセラー『生物と無生物の間』以外にも著書が多い。 それにしても

厚生労働省は2016年の新規の癌患者は99万人を超えたという統計データを発表した。これは国立がん研究センターによると、すべての病院に報告を義務化したことによって初めて得られた集大成のデータだと言う。癌の治療法は年々向上しているが、それでも多くの人が深刻に捉える病気の1つであろう。にも関わらず、今までは各県ごとに医療機関が任意のみデータを収集していたために全国規模の正確な統計がなかったのである。基本

Featured Posts

Categories

Archives