• Tom

ダイバーシティ


 100人中およそ13人。左利きの人の割合に近い。周りを見渡せば左利きの人が特別視されることはほとんどない。実はこの13パーセントという数字は、LGBTの割合と同じでもあるのだ。「半径5メートルの課題」(薬師美芳)という言葉の裏に当事者の苦しみが現れている。

 今、ダイバーシティという言葉が使われるようになった。「多様性」と訳される。「個人のあらゆる属性のこと」(谷口真美)で、人種・障がいといった表層的なものと、習慣・性的嗜好・職歴といった深層的なものまで真相の部分に分かれる。chハーフであることの差別や父親としてのあるべき姿を求めるなど様々な活動や意識改革が行われている。

 ダイバーシティということばを最初に聞いたときは、正直「今さら?」という気持ちが大きかった。教育学の中では、自他尊重や国際理解といった概念はあたりまえだからだ。でも、実態はまだ未熟ということだろう。当事者にしか分からない苦しみは表面に出にくいのだと思う。

 世の中から排除しければいけないのは、「区別」だ。多様性の問題の多くは、この「差別・差別感」ではないだろうか。ただし、努力や結果は正当に評価されなければならない。多様性の問題を、例えば、就職採用率といった数字でのい評価するのは妥当ではない。特にビズネスでは戦略的に多様性を考えることが求められている。意識しないことを意識する社会が来ることを望んでいる。

※参考文献

早稲大学校友会、(2017.8) 『早稲田学報』


5 views

Recent Posts

See All

「あなたはこんなことで困っていませんか?『いつも他人の顔色を気にしてビクビクしている。』『相手が少しでも不機嫌増だと自分のせいだと考えてしまう。』「なぜかあの人といると振り回されて、イライラする」(表紙より)一度は似たような経験もあるだろうし、深刻に悩んでしまうこともあるだろう。本書は認知行動療法を用いて人間関係を改善し、新しい生き方を模索する考え方と方法を提唱する。認知行動療法とは、認知(考え方

大学受験の12月の午後だった。高田馬場の駅を降りてとぼとぼと、でも心の中はぎらついたものを持ちながら歩いた。大学受験の第一希望は早稲田大学の社会学部と決めていた。globeの『Winter comes around again』を聴きながら、もう受験勉強は今年で終わりだと心に誓っていた。1浪してどこも合格できなかったらきっともう親は助けてくれないだろうから。 明治通りの交差点を抜けると、通りに面し

Featured Posts

Categories

Archives