• Tom

夢・希望が芽生える


 2017年10月10日は、自民・公明の与党と、小池百合子率いる希望の党と日本維新の会、共産・立憲民主党・社民党の3勢力が争う衆議院選挙の告示日となった。自民党の森友・加計問題等や不倫問題など自民党の不祥事が続き、日米に挑発を続ける北朝鮮に対して憲法改正を強く願う安倍首相が勝負に出た選挙である。その日の読売新聞は夕刊「よみうり寸評」には次のような文面があった。「(投票の)棄権は白紙委任と同義語だろう。」

 私たちが当たり前のように享受している選挙権は、多くの人命を犠牲にした上で勝ち取った貴重なものなのである。それも世界史を振り返ればつい近年の出来事であることに気づく。かつての人々が選挙権に社会創造を見出したように、私たちも夢や希望の芽生える社会を目指さなくてはいけない。それは次の世代の子どものためでもある。

 人類は常に戦争を繰り返して来た。女性が子どもを産む時の分娩の苦しみを考えれば、紛争で人が殺しあうことほぼ残酷で無意味なことはない。人間には戦争のない平和な社会を維持するために言葉を用いて議論し考えられるはずである。安易に戦争だ叫ばずに、女性の偉大さと命の尊さに感謝と尊敬の気持ちを持たなければいけない。

「夢や希望という芽を大切にして生きていき、人生という大空に良識を持って羽ばたけ!」私が自分の子どもたちに託したものである。そして、それがこのサイトの趣旨とイメージにもなっている。

※参考文献

読売新聞(夕刊)、2017 10 10、「よみうり寸評」


31 views

Recent Posts

See All

謹賀新年 2020

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。 世界で最も有名な今年の干支といえばミッキーマウスだろう。このネズミは害チュウどころか、チュウ夜問わず多くの人が彼とその仲間に会い行っている。”If you can dream it, you can do it.”(*1)これは生みの親であるウォルト・ディズニー言葉である。この信念からチュウ出された情熱が「夢の国」の誕生に繋がった

大晦日 2019

問題を直視せず、先送りをしたことで一気にその不満が爆発したように感じる。香港の雨傘運動は、若者が「高度の自治」の形骸化を遅れてNO!を突きつけた形となった。また、16歳の環境活動家グレタ・トゥンベリは、国連の「気候行動サミット」で各国首脳陣に地球温暖化防止を強い口調で訴えた。建前や保身といった「大人の世界」が世界中で痛烈に非難された出来事であった。 「先送り」というキーワードで国内を見ると、大学入

今年の漢字 2019

「無難だな。」これが率直な感想だ。日本漢字検定が公募して発表する今年の漢字は「令」になった。平成から「令和」に変わったことに加え、その元号の由来が古典に由来することで、日本の伝統文化を再認識するきっかけとなったからだとい う。一年の総まとめの漢字が否定的なニュアンスでないことは喜ばしいことだ。 さて、ここからはGHF’03から続く毎年恒例の「私の今年の漢字」シリーズだ。 2008年「転」 2009

Featured Posts

Categories

Archives

Copyright © 2016-2020 Seize your Sky All Rights Reserved.