• Tom

それは感動?


 2017年10月28日現在で、東京オリンピックまで残り1000日となった。これにちなんで日本橋では山車を担いだイベントも行われた。雑誌などでは、東京五輪に向けた特集も組まれている。

 大会組織委員事務総長の武藤氏は、施設などのハード面ではなく、人と人の結びつきといったソフト面での成果も求めているという。金メダルを目指す選手の真剣勝負は、たとえメディアの脚色があったとしても、色焦ることない感動の物語なのだろう。

 競泳の星奈津美選手は、ロンドンオリンピックで銅メダルを獲得した。スポーツ選手としてメダルの獲得は非常に大きい。しかもリオの前には世界選手権で優勝している。にもかかわらず、持病を克服して猛練習をし、リオオリンピックで再び銅メダルを獲得したのだから驚異的である。「自分自身を出し尽くすことが出来た」と言えるような人生を送りたい尊敬の念で記事を読んだ。

 日本がメダルをいつく獲得したかに重きを置かれることが多い。メダルの数は国力を示していることは否定できないが、しかし、その数値がどれだけ私たちの心に響くだろうか。それまでのプロセスは置き去りにし、ただ勝敗だけに一喜一憂することにはあまり意味を感じない。ソフト面が本当に目指すべきことはそこではないと思うのである。

※参考文

「東京五輪まで1000日、山車でお祝い」、(2017 10 29)読売新聞

武藤敏郎、(2017 10 27)、[地球を読む]」「『東京』1000日前 『持続可能な五輪』モデルに新聞」

早稲大学校友会、(2016.12) 『早稲田学報』


1 view

Recent Posts

See All

『あの花の名前を僕達はまだ知らない』〜郷愁の中に咲く「あの花」〜

子どもの頃は抱いていた、でも成長するにつれて忘れてしまった大切なもの。それは、あの頃あの場所に咲いていた「あの花」。仲良し6人組は、メンバーの1人の不慮の事故死をきっかけに離れ離れになってしまった。その5年後、亡くなったヒロインは昔の願いを叶えて欲しいと再び主人公の前に現れる。メンバーの様々な気持ちが交錯するなかで、それでも願いの答え、そしてその先にある本当に大切なものを見つけようとする。ファンタ

箱根駅伝と新型コロナウイルス

新春の2日・3日は東京箱根駅伝だ。母校を応援しようと朝早く起きれば、規則正しい生活を送れるもんだ。大学は青春の1ページであるし、卒業後の母校活躍は一種の自尊心でもあるし、箱根駅伝の強豪校を応援できるのはあの頃必死に頑張った人生のご褒美だ。 ご存知の通り、箱根駅伝はリレー形式になっている。個人の力だけではなく普段のチーム力も試される。また、シード権争って10位を死守する戦いや各中継所によ設定された通

Featured Posts

Categories

Archives

Copyright © 2016-2021 Seize your Sky All Rights Reserved.