• Tom

今年の漢字 2017


今年の漢字2017

 日本漢字能力検定が主催する今年の漢字が発表され、「北」に決まった。金正日によるミサイル発射などの挑発的な「北」朝鮮の言動を指している。その他にも、「北」街道産のじゃがいお不作や競馬の「キタ」サンブブラックの活躍、「北」海道日本ハムの大谷翔平の大リーグ移籍、などが挙げられるようだ。

「北」と聞いて、真っ先に思いつくのは北朝鮮だが、それ以外はなかなか結びつかない。ただ、「北」の問題は日本だけではなく世界的にも関心を集めている問題であるから、影響力を考えれあと妥当かもしれない。個人的には、「将」だと思う。北の「将」軍様だけではなく、携帯電話不正疑惑、藤井聡太四段の29連勝、羽生竜王の永世七冠など将棋の話題が多かったからだ。

 さて、ここからはGHF’03から続いている毎年恒例の「私の今年の漢字」シリーズ

2008年「転」

2009年「停」

2010年「躍」

2011年「結」

2012年「蓄」

2013年「修」

2014年「再」

2015年「二」

2016年「合」

 今年は残念ながら「落」だろうか。気分が滅入って「落」ち込むことが多かったような気がする。でも、物事は考えようだ。デザイナーのコシノヒロコさんは「試練の時ほどチャンス」と捉えた。バブル崩壊後にパリコレを撤退しても、腐らずに努力しで檜舞台に戻ってきた。他者の幸せのために自分の信じた道を突き進む姿は模範である。人は(私は)周りに支えられて生きているのだから。

 さて、あなたの今年の漢字は?

※参考文献

日本漢字検定協会、(2017)

読売新聞、(2017 5 23)、「試練の時こそチャンス デザイナー コシノヒロコ」

読売新聞、(2017 5 23)、「試練の時こそチャンス デザイナー コシノヒロコ」


6 views

Recent Posts

See All

謹賀新年 2020

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。 世界で最も有名な今年の干支といえばミッキーマウスだろう。このネズミは害チュウどころか、チュウ夜問わず多くの人が彼とその仲間に会い行っている。”If you can dream it, you can do it.”(*1)これは生みの親であるウォルト・ディズニー言葉である。この信念からチュウ出された情熱が「夢の国」の誕生に繋がった

大晦日 2019

問題を直視せず、先送りをしたことで一気にその不満が爆発したように感じる。香港の雨傘運動は、若者が「高度の自治」の形骸化を遅れてNO!を突きつけた形となった。また、16歳の環境活動家グレタ・トゥンベリは、国連の「気候行動サミット」で各国首脳陣に地球温暖化防止を強い口調で訴えた。建前や保身といった「大人の世界」が世界中で痛烈に非難された出来事であった。 「先送り」というキーワードで国内を見ると、大学入

今年の漢字 2019

「無難だな。」これが率直な感想だ。日本漢字検定が公募して発表する今年の漢字は「令」になった。平成から「令和」に変わったことに加え、その元号の由来が古典に由来することで、日本の伝統文化を再認識するきっかけとなったからだとい う。一年の総まとめの漢字が否定的なニュアンスでないことは喜ばしいことだ。 さて、ここからはGHF’03から続く毎年恒例の「私の今年の漢字」シリーズだ。 2008年「転」 2009

Featured Posts

Categories

Archives

Copyright © 2016-2020 Seize your Sky All Rights Reserved.