• Tom

「目に見えない」恐怖


 宛先不明の手紙があちこちの家に届く。開封すると中から出てきたのはドッグフードのようなもの。手紙を開けた人はその後すぐに体調がおかしくなる。高熱だからインフルエンザだろうか。しかし、数日後には息切れがし唇が青くなり、間も無く心臓が止まる。これはアメリカ炭疽菌事件から参考にした仮の話である。炭疽菌という言葉が世界中で有名になったのはこの事件だろう。

 炭疽菌の芽胞が体内に入ると適切な処置をしなければものの数日で死亡してしまう。炭疽菌による最初の被害者は1979年に遡る。ロシアのある工場で機密に培養されたものが煙突から数時間放出されてしまった。最終的にプーチン政権はこの生物兵器の計画を認めたが、今でも衛生画像による施設の建設などの理由で密かに製造されている疑念が強い。実は、ロシアの炭疽菌とアメリカ炭疽菌事件のそれはDNAが一致していることを踏まえると、ロシアはさらなる脅威を持っている可能性がある。

 毎年乾燥する冬になるとインフルエンザが流行する。誰しも罹患したいはないが、目に見ないからこそうがいやマスクなどで防ぐしかない。しかし、分かっているからこそワクチンも抗生物質も準備されている。しかし、もし未知のウイルスや菌などが生物兵器として使用されれば、どのように感染から身を守れば良いのかわからない。事前対策なしにはアウトブレイクになりやすいから、早急に対応するのが難しく、広がりも早い可能性があるだろう。

 アメリカはロシアの生物兵器の動きを知っていながら具体的な言動を見送っている。水面下で軍事的駆け引きが行われている可能性は高く、いつ民間人が被害を被るか分からない。どの国がどのような生物兵器を作っているか可視化できずに、その致死性と脅威だけが高まっている。平和的解決策もまた目に見えないほど遠いのが残念でならない。

※参考文献

P.S.カイム / D.H.ウォーカー / R.A.ジリンスカス、(2017)、『日経サイエンス 2017 07』「再び高まる懸念 炭疽菌兵器の恐怖」


2 views

Recent Posts

See All

ニッポンの健康 〜新しい医療概念の時代へ〜

厚生労働省は2016年の新規の癌患者は99万人を超えたという統計データを発表した。これは国立がん研究センターによると、すべての病院に報告を義務化したことによって初めて得られた集大成のデータだと言う。癌の治療法は年々向上しているが、それでも多くの人が深刻に捉える病気の1つであろう。にも関わらず、今までは各県ごとに医療機関が任意のみデータを収集していたために全国規模の正確な統計がなかったのである。基本

地球外生命体はいるか?

「宇宙人」の存在は昔からテレビ番組などで大いに騒がれてきた。SF映画でも、時には人類の新しい仲間として、時には人類を滅ぼす脅威として描かれてきた。いしかし、「地球外生命体」となれば話は別かもしれない。一定の条件が揃うと生命が誕生している可能性が高いからだ。しかもそれが太陽系にいるならば、関係者の期待も膨らむばかりである。 生物は人間には過酷すぎる環境でも生きている。太陽の光がある届かない海底の熱水

マクロとミクロから宇宙を解明する

理論物理学の数式は素人には暗号にしか見えない。ただ、この世界を、次元・空間・重力や速度といった要素を加えながら数式で記述してしまうのだから驚きである。その中でもブラックホールとワームホールを「量子もつれ」からその本質を解き明かそうとする試みは非常に興味深い。 アインシュタインの一般相対性理論は重力場の理論である。ネットにボールを乗せると時空がゆがむイラストは有名だろう。また、この理論は、時空での遠

Featured Posts

Categories

Archives

Copyright © 2016-2020 Seize your Sky All Rights Reserved.