「左右」をよく見て渡る


 左右をよく見て渡るのは横断歩道だけの話じゃない。政治の世界でも同じである。ところが、今の日本では、「右=右翼=保守」、「左=左翼=革新」とならないところが難しい。「参院選2016争点に気づけ!」で触れたように、時に政局の論点がすり替えられてしまうことさえある。

 「左翼」「右翼」という言葉は、フランス革命時の国民会議において議長から見て左側に体制革新派、右側に体制保守派が座ったことに由来する。(保守=伝統のビジネスvs革新=新分野の開拓の構図)日本の場合、安全保障で改憲派が保守、護憲派がリベラルとなるためにねじれの現象が起きている。実際、週刊ダイヤモンドの調査では、若い年代では、共産党が自民党と同程度の保守政党と認識していることが分かった。さらにややこしいのが、安倍内閣だ。日本最大の右派組織「日本会議」や保守的な企業、例えば三菱重工業といった軍需企業との関係が深い一方で、「地方創生」や「1億総活躍社会」など左派的な政策を全面に打ち出している。そのため、今の自民党に限っては「保守左派」という立ち位置になるのである。野党が特色を出せずに、安倍1強の体制を維持している要因の一つだろう。

 今日では、かつての学生運動、例えば左派系の早稲田の学生会館封鎖のような政治的紛争は少ないし、右派的な建学の精神を持つ、例えば国士舘大学がその特色を全面に出すことはない。大学だけではなく、投票率が示すように政治に対してどこか閉塞感やあきらめの奮起が漂っている。その大きな要因は2009年以降の旧民主党の失政が大きいだろう。自民党に「お灸をすえる」意味で投票したのではなく、選挙で政権交代が実現した意味は大きかったように思う。自民党以外に明確で妥当な議論と政権運営能力をもつ受け皿としての野党がない。膨れ上がる不満や虚無感がネット右翼という現象を生み出しているのかもしれない。

 かといってネット右翼が大きな役割を果たしているわけではない。彼らはごく一部の排他的・差別的言動で目立つだけで議論が成り立たないことも多い。その対抗勢力とされるリベラル勢力も本来の左翼思想とは異なる護憲のみの派閥と評されることもある。私たちは、世界的なポピュリズムの右傾化とイデオロギーの煩雑化の中で、「左右」をよく見て政局を判断する力が求められている。

※参考文献

(2017)、『週間ダイヤモンド 2017 11/18』「右派×左派 ねじれで読み解く 企業・経済・政治・大学」


2 views

Recent Posts

See All

ロシアのウクライナ侵攻は絶対に許されない蛮行だ。もちろん私たちは新米欧諸国の枠組みの中でメディアコントロールされているので、他方にも主張があるかもしれない。しかし、戦争という暴挙が多くの命を奪い、幸せな日常が失われている事実は変わらない。特に、ロシアの戦術は非人道的で絶対に正当化されるべきではない。戦争ではなく軍事作戦だと詭弁を並べ、弱者の市民を殺傷し、人道回廊にも砲火を浴びせる。これらは国際法に

タイトルの「なんとかする」には、筆者の貧困問題に対して「1ミリでも進め」ようとする意気込みが込められている。貧困という実態を把握し、たとえある実践の行動が最適解ではなくてもその行動を尊敬しようとする姿勢がある。第一章で子どもの貧困問題の概論や理論面が説明され、それ以降は個人、自治体、企業から法制度の支援例に言及している。 湯浅誠は08年には年越し派遣村村長として活躍。その後、内閣府参与、法政大学教

自分が過ごした時代区分である「平成」というものがどのように理論的に総括できるのか。それが本書を手に取った理由である。内田樹編者にしたアンソロジーで、政治、文化、自然科学、宗教、哲学など広い分野で平成が論じられている。令和の時代を展望するにあたって、平成がその前後と何が異なるのかを比較することで見えてくるものがある。 編者の内田樹は一人目の論者で政治的な側面から時代を五段階に区分する。平田オリザはス

Featured Posts

Categories

Archives