top of page
  • Tom

英語長文読解 「PINPOINT解法」


 大学入試などの長文読解問題を学び、そして教えてきた中で、1つの体系的で汎用性の高い長文読解の解法を編み出した。それが「PINPOINT解法」である。この読解方法は、⑴設問の分類と活用、⑵パラグラフリーディング、⑶トピックセンテンスの法則、の3つを連動させる読解戦術である。

 英語に特徴的なロジックの組み方を理解し、それを活用して設問の特徴と連動させることで、内容一致問題をはじめとした本文の設問を解く際の原典根拠の範囲を絞って狙い撃ちする[PINPOINT]ことがこの解法の肝である。設問の分類・分析とその解法は高い精度で解答を導くことができる。また、分野別の英文の特徴に従ってトピックセンテンス[A]からメインセンテンス[M]を浮かび上がらせ、さらにトピックセンテンスの法則を用いてより本文全体の主張とロジックを的確に掴むこともできる。こうした戦術を用いて、問題集などの解答・解説では提示されにくい思考の痕跡、言い換えれば辿りつくべき「解答・解説の向こう側」を読み取ることができるのだ。大学入試などの多くの読解問題に適用できる汎用性の高い総合的な読解ストラテジーである。

 「PINPOINT解法」の詳細は、このサイトのArchivesの中に収められている。無断転載等は禁じているが、閲覧およびダウンロードは出来るようにしてある。ぜひ参考にして欲しい。


20 views

Recent Posts

See All

共通テスト2024(英語 R/L)の分析と講評

「こんな問題、高校生が解き切れるのだろうか。」これが率直な感想である。毎年、奇問・難問・悪問が多い共通テストの英語問題であるが、今年は一層その程度が増している。平均点は昨年度と比較して、リーディング(R)は約2点低く51.54点、リスニング(L)は約5点高い67.24点であった。 特に、リーディングは、すべて長文問題で語数が大幅に増加し、解答に時間のかかるものや、言い換え表現としてかなり距離がある

英検の新設級導入、反対!

実用英語技能検定協会が、2023年9月29日に英検準2級と2級の間に新設を導入するというのプレスリリースを出した。結論からいうと、新級創設には強く反対する。確かに高校2年生次に目標設定の効果はあるかもしれないが、受験料、ネーミング、資格的価値等から鑑みて反対である。 新設級(以下、「A準2級 [Advanced 準2級] )の導入の概要は、5級が中学1年生終了程、同様に4級が2年生、3級が3年生、

激震!英検が問題改定、増級、AI採点をプレスリリース

ここ数ヶ月、英検のプレスリリース発表で重要ニュースが続いている。激震だ。実用英語技能検定試験(以下、英検)の英作文及びスピーキングテストの一部変更、2級及び準2急の間の新設級、さらに採点・評価にAI活用実施である。 まず英検の問題形式の一部リニューアルの内容は以下のようになっている。 <1時試験>(1級~3級) ・1級~2級:ライティング2問(意見論述と要約)へ増加、リーディングの設問数削減(語彙

Featured Posts

Categories

Archives
bottom of page