• Tom

リスニング勉強法(概論)


 リスニングの勉強というと、ラジオや教材を使って大量の英語を聴くことを思い浮かべるかもしれない。しかし、上級者になるまでは、「量より質」を重視した方が早く上達する。これは理論的にも自分の経験からも言えることである。

 話される英語が理解できないならば聴くことは出来ない。例えば、”Check it out.”(見てごらん)は英語の発音法則やリエゾンによって「チェケラウッ」と聞こえる。それ以外の音として聴こえた場合、自力で矯正していくことは困難であり、それぞれの単語の意味などが分からなければただの音である。言い換えれば、「正しく音読が出来れば聴こえる」ことが大原則となる。従って、自分の聴こえない部分を明らかにして矯正していくことがリスニングの勉強方法なのである。

 そこで試行錯誤の末にたどり着いたのが(それぞれの頭文字を取った)「DLOS勉強法」である。

⑴ 1度だけ聞いて理解力を確かめる

 自分の実力を確認する。

⑵ 回数無制限、辞書・参考書ありで聞く

 自分の解答が決まるまで繰り返す。

⑶ ディクテーションをする(解答の最終確認) 【D: Dictation】

 聴こえた英文を書き取って行く。聴こえた部分とそうでない部分を整理することができる。また、解答を誰かに見てもらい、正解するまで繰り返すとなお良い。次にスクリプトを見て確認をし、語彙や文法、聞き取れなかった部分などは赤で訂正し、弱点を明確にする。

⑷ 再度、リスニングをしてみる 【L: Listening】

 100%完全に聴こえることまで繰り返す。

⑸ オーバーラッピングをする 【O: Overrapping】

 「正しく音読出来れば聴こえる」を原理とした訓練であり、同時に次のシャドーウィングの橋渡しになっている。(音声がゆっくりに感じるほど音読出来ないと次にうまく繋がらない。)

⑹ シャドーウィングをする 【S: Shadwing】

 聴こえる英文をわずかの間を置いてチャンクごとにリピートして行く。英文の意味や発音等の厳密な正確さが必要である。(難度が高いので少しずつ量を増やすようにすると良い。)

 そこで、扱う題材はスクリプトがついている質の良いものでなければならない。また、難易度は自分の目標となるレベルのもの、またはそれより少し優しいものの方が良い。例えば、英検1級を目指すのであれば、英検1級の過去問、または準1級から始めるのが良いだろう。小手先のテクニックに頼るのではなく、時間と労力を掛けて確実に力のつくリスニングを高めることが大切である。


7 views

Recent Posts

See All

『魔法の長文解法』 ~長文読解の基礎テクニックが凝縮さてれいる~

長文読解問題を解く際には、漫然と読んで解答したのでは効率が悪いことがある。戦略的に読むということを丁寧に解説しているのが「魔法の長文解法」である。初版が1991年で、当時から安河内哲也は「基礎から偏差値アップ総合英語」や「有名大突破 戦略英語解法」といった人気講座を開いているが、長文読解解法のエッセンスが凝縮されている良書である。 近年は4技能の向上に焦点を置いているもの、それでも英文解釈や効率的

大学入学共通テストの記述式問題は廃止せよ

大学入学式共通テストで、英語の民間試験導入延期に伴い、国語・数学の記述式問題の延期または中止が検討されている。思考力等の評価を目的としているのだが、およそ50万人受験する試験としては致命的な欠陥を抱えている。 第一に、公平性に大きな問題を抱えている。およそ50万の生徒の記述式答案を公平に採点するのはほぼ不可能だ。採点の基準が明確であれば差異がないように感じるかもしれないが、生徒の解答は想定されない

『スーパーレベルライティング』 〜英検1級ライティングの辞書的役割 〜英検1級2次試験ならこの参考書〜

英検1級の英作文は、制限時間が短いアカデミックライティングである。そこで、説得力ある英文を持たせるためには、事前に自分のロジックを組んでおき、そこに自分の意見を埋めていくようにすると良い。その際のロジックを準備するのに本書は非常に便利である。 特効薬という意味で、第7章「英文ライティングの構成力を表現力UPトレーニング」を活用したい。「イントロの作り方楽勝パターン」、「強調の表現の使い方」から、「

Featured Posts

Categories

Archives

Copyright © 2016-2020 Seize your Sky All Rights Reserved.