top of page
  • Tom

住居と思い出


 実の弟が小さな針で私の指を刺す。ものすごく痛い。あまりの痛さに目が覚めた。すると指先には同居していたネズミがいた。「ネズミに指を噛まれたのですが、どう処置したら良いですか?」夜中だったが心配で医療機関に電話したこと思い出す。

 その数年前、私はオーストラリアのパースに住んでいた。始めは右も左も分からないのでホームステイにした。そこでは一番奥の部屋を使わせてもらったが、トイレもシャワー室も鍵が掛からないことに少し戸惑った。少し慣れてきてからは、金銭的な理由から仲良しになった友達とシェアハウスに住んだ。その友達と引越しの日にワクワクしすぎて買い物が持てなくなりタクシーを使って帰った。机を買うお金がなかったので、敷地に置いてあった長い板を机がわりにした。スワンリバー沿いのアパートは夢のお城だった。

 帰国してからは、教員になり冒頭の話に戻る。私は野球部の部室に住んでいたのだ。部室寮の管理を任される代わりに、水道やガスなど無料で使えた。でも、部屋は野球部のミーティングルームだったので、20畳以上はあった。一人で住むにはあまりに広すぎた。休日は窓を開ければ野球部が練習していた。家に帰ってドアを開けると同居のネズミがお迎えしてくれたというわけである。

 早稲田大学には中野に国際学生寮があり、4人一組の寮生活が出来る施設があるのを知った。異文化交流はもちろん独自の教育プログラムやスポーツジムなど充実した施設となっている。間違いなく多くの経験や価値観を共有できる思い出の生活になる場所だろう。そこで出会えた仲間も欠くことができない人生の一部だ。さすがに、ネズミはいなだろうけど…。

※参考文献

早稲大学校友会、(2018.4) 『早稲田学報』


6 views

Recent Posts

See All

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。 「『ウサギはさびしいと死ぬ」という言葉からも分かる。しかし、これは一種の都市伝説のようなものであり、実際に寂しさだけで死ぬことはない。むしろ、コミュニケーションが取れないことによる精神的な苦痛が活動意欲や食欲の低下を招くことが結果的に死因になるという。(中略)友人は一生の宝物。今年は、例年以上に多くの仲間に囲まれながら、『うさぎの上り

今年の元旦の記事「謹賀新年 2022」では、”The Tiger who Came to Eat”(『おちゃをのみにきたとら』)を紹介した。物語の概要は、虎が突然ある一家に押し入り、食料を食べ尽くした挙句に立ち去るが、それでも家族の幸せは続くというものだ。それにしても虎の所業は図々しいにも程があるが、結局は子どもの読む空想の世界だと思っていた。 現実は虎の非礼をはるかに超えている。国際法を無視し、

Featured Posts

Categories

Archives
bottom of page