スピーキング勉強法(概論)

March 25, 2018

 スピーキングは、ライティングと同じ発信型[Output]であるから「質より量」を重視する点は変わらない。特に、即興の要素が強いため、自然に口が動くように訓練する必要がある。

 訓練をするときの原則はライティングと同様である。

  (1) 思考を単純化[simplification]させる

  (2) 英語の表現やコロケーション等で矯正を行う

  (3) 第二言語使用を意識する[完全を求めない]。

 試験での技術的な点もライティングと同じである。すなわち、与えられる条件や時間などによってロジックの「型」を準備しておき、あとは自分の意見や根拠等を入れるだけにしておくことである。ただし、英検1級の2次試験は即答が難しい社会問題も含まれる。①政治、②経済、③教育、④医学、⑤科学、⑥環境、⑦文化、⑧家族・高齢化、⑨メディア、の9つの分野でまとめていきたい。Archivesでは英検1級2次試験の模範解答例(型)を示しているので参考にして欲しい。

 英語圏に留学をすれば必ず英語が話せるようになるというのは幻想だ。英語を話さなければ生きて生きない状況に追い込まれることが留学の意義である。私は、日本人に話しかけられても日本語が分からないふりをしたものだ確かに留学をすると英語を使う機会が圧倒的に増えるので、特にスピーキングに力が飛躍的に伸ばすことが出来た。

 日本にても環境さえちょっとの費用で簡単に整えられる。オンライン英会話だ。中級者はRareJobの非ネイティブ講師の在籍するスクールを選べば、月々5千円程度で毎日1コマ25分の授業を受けられる。上級者になればDMM英会話のようなネィティブに教わるのも良いだろう。継続することで、自然な英語へと近づきたい。

 

 

※参考文献

RareJob(https://www.rarejob.com)

DMM英会話(https://eikaiwa.dmm.com)

 

(2019年12月24日一部訂正)

Please reload

Featured Posts

GHF’03ウェブサイトの引越し完了!

July 9, 2020

1/10
Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Copyright © 2016-2020 Seize your Sky All Rights Reserved.