• Tom

英語教育の転換点


 英語を勉強する目的は何か。それは英語をコミュニケーションの手段として、または英語というツールを用いて自らの目的を達成することだ。英語を使うために英語を学ぶ。そんな当たり前のことが通じないのが日本の英語教育である。従来の英語教育は、入試や考査で点数を取ることにファーカスし過ぎている。そして今、日本の英語教育は入試改革とともに大きく舵を切ろうとしている。

 現行の過度な読解力重視から読む、聴く、書く、話す、の4技能を図る試験に移行する。具体的には英検やTEAPといった民間の試験を活用することになる。早稲田大学、広島大学、東洋大学などはすでに導入済みだ。特にTEAPは4技能統合型で学習指導要領に即しているアカデミックで、かつ論理的な思考力を測るものとなっている。英検準2級から準1級のレンジを対象にした、テクニック不要の「普通」を目指している。

 昨年、安河内哲也氏にあったときに、現場の最大の問題は同僚性だとおっしゃっていた。指導する側に新方式に対して極度のアレルギーがあるし、現行の教育課程、システムなどは簡単には変えられない。視点がどうしても「加点法」ではなく「減点法」になってしまっているのである。チームとして取り組む土壌が出来にくいので、抜本的な改革が必要なのだ。教員がチームとなって同じ方向を向くのは本当に難しい。

 他にも課題は多い。受験料に関する公平性はあるか。英検のCSEとTEAPやTOEFLの違いはあるのか。第三者機関の評価は本当に妥当なのか、指導技術や教材の開発は間に合うのか、などだ。しかし、課題にばかり目を向けてはいつまでも「英語が使えない日本人」から脱却できない。国策から現場の教員まで広く理念や方法等を考察していく大きな転換期が来ていると思いたい。今の努力は無駄じゃない。そんなことを思いながら新学期を迎えている。

※参考文献

英語検定協会など、(2018)、「今知っておきたい!英語教育改革、大学入試改革」動画(完全版)


14 views

Recent Posts

See All

AIが人間の力を借りることなくその能力を超越する技術的特異点[シンギュラリティー]に到達するのが2045年であると言われている。その未来予測は世界中で大反響を呼び、AIによる人類の恩恵と損害など様々が議論がなされている。AIとは何かを正しく理解するには、まずは本書がお勧めだ。実際、教育業界最大手のベネッセコーポレーションが大学入試小論文対策に挙げている推薦図書でもある。 新井紀子氏は国立情報研究所

初任校ではノートパソコンを活用した最新の講義型の授業をしていた(つもりだった)。当時は英文解釈が中心の予備校風の授業で、生徒に寝られたら見た目が悪いと必死だったが、結局テスト一週間前に演習させるのが最も力がつくなと感じていた。実はその秘密が「生徒の能動的な学習」だったのだろう。大学院での研究以降は、「アクティブラーニング推進校」などの経験から、生徒が「能動的に学ぶ」、そしてそれが結果的に楽しい授業

大学入試改革の中、英語科指導の中で最も大きく変化したのが共通テストの問題、特にリスニングの配点がリーディングと同じになったことだ。これは新学習指導要領が4技能重視のアクティヴラーニングを推進する以上のインパクトがある。結局、生徒の学習のモチベーションや教師側の求められる実績に直結するからだ。そういった理由でこの研修会に興味を持って参加した。 講義の結論から言うと、自分がある程度英語を極めた学習方法

Featured Posts

Categories

Archives