• Tom

『寝ながら学べる構造主義』 〜システムの中の「私」〜

 政治家はなぜ「政治家」でいられるのか。それは選挙で有権者から票を集めて当選するという客観的なプロセスを経たからだ。だから、今日から急に「政治家になりました」といっても誰も認めてくれない。政治家に限らず、ある人が所有している免許や資格、さらにはどこの社会階級や特定集団に属しているかなどで相対的に自己の存在が規定される。私たちは誰もが既に色のついたキャンバスにして自己としての「作品」を描く。そこには描くための限定された「道具」があり、他者の「作品」も特定の「サングラス」を掛けて見ているに過ぎない。ここでは、「個展」を出すことは不可能で、他者の作品と比較でのみ自己が表現される世界なのである。

 自己の存在は、他者や社会といったシステム、すなわち構造の中に相対的にあるもので、こうした考え方を構造主義と呼んでいる。言い換えれば、「自由や自律性はかなり限定的なもので、所属する社会によって認知が限定される」ということである。言語学者ソシュールは次のように述べ、構造主義の父と言われている。「思考内容とは(中略)言語の出現以前には、判然としたものは何一つないのだ」(『一般言語学講義』)つまり、ある言語を用いることは、すでにその言語及び社会システムの中でしか思考できないのであり、それこそが「自我中心主義」の脱却に他ならないのである。

 『寝ながら学べる構造主義』は、構造主義という思想史が私たちにいかに影響を与えてくれるかを教えてくれる。例えば、「私」が日本史実についての論考をする。歴史は学校教育として学ぶが、その内容は文科省の検閲を経た「日本政府」にとっで「客観的」で「都合が良い」ものが選ばれている。もし日本史に「絶対的」な「掟」があるなら過ちは繰り返されない。歴史の流れは一つの糸から語られる「強者」の立場で、「本流から逸れた」「語られなかった」大多数は忘却されたる。言い換えると、私たちはあらゆる歴史の事象から残った「共通項」を奇跡的に共有しているだけだ。だから、おそらく「私」は将来の歴史に回収される。そして、そう考えるのは「私」の社会的階級が「時代の覇者」ではない「大人のあきらめ」がるからだ。

 「寝ながら学べる」とは思えないが、タイトル通りに寝ながら学ぶくらいが丁度良いのかもしれない。突き詰めすぎると、「私」が相対化され過ぎて「狂人」になってしまいそうだ。ただ、自己を「絶対的なもの」はなく、「他者との相対物」とみなす思想は、根源的・本質的な問題の解答に「限りなく近づける」可能性を秘めていると言えるかもしれない。

※参考文献

内田樹、(2002 6 20)、『寝ながら学べる構造主義』(文春新書)

3 views

Recent Posts

See All

「あなたはこんなことで困っていませんか?『いつも他人の顔色を気にしてビクビクしている。』『相手が少しでも不機嫌増だと自分のせいだと考えてしまう。』「なぜかあの人といると振り回されて、イライラする」(表紙より)一度は似たような経験もあるだろうし、深刻に悩んでしまうこともあるだろう。本書は認知行動療法を用いて人間関係を改善し、新しい生き方を模索する考え方と方法を提唱する。認知行動療法とは、認知(考え方

AIが人間の力を借りることなくその能力を超越する技術的特異点[シンギュラリティー]に到達するのが2045年であると言われている。その未来予測は世界中で大反響を呼び、AIによる人類の恩恵と損害など様々が議論がなされている。AIとは何かを正しく理解するには、まずは本書がお勧めだ。実際、教育業界最大手のベネッセコーポレーションが大学入試小論文対策に挙げている推薦図書でもある。 新井紀子氏は国立情報研究所

初任校ではノートパソコンを活用した最新の講義型の授業をしていた(つもりだった)。当時は英文解釈が中心の予備校風の授業で、生徒に寝られたら見た目が悪いと必死だったが、結局テスト一週間前に演習させるのが最も力がつくなと感じていた。実はその秘密が「生徒の能動的な学習」だったのだろう。大学院での研究以降は、「アクティブラーニング推進校」などの経験から、生徒が「能動的に学ぶ」、そしてそれが結果的に楽しい授業

Featured Posts

Categories

Archives