• Tom

ロシアW杯、開催間近!


 かつてのサッカー日本代表の選手たち、中田英寿、小野伸二、鈴木隆行、中村俊輔、駒野友一…。ライトなサッカーファンでもワクワクしてしまう名前ばかりだ。最近では「海外組」も増えて、マンチェスター・ユナイテッドの香川真司(現ドルトムント)やACミランで10番をつけた本田圭佑(現パチューカ)を始めビッグクラブに名前を連ねる日本人選手も出てきた。各クラブでコンスタントに先発し、活躍するニュースは珍しいことではなくなってきた。

 日本と世界の差は縮まった印象があるが、まだまだ実績を考えれば「挑戦者」の立場である。ハリリホジッチのサッカー戦術はマンネリ化した日本のポゼッションサッカーを変えられる部分があったように思う。にもかかわらず、ワールドカップ出場が決まった後にハリルホジッチ監督は更迭されてしまった。これで良いのだろうか。西野監督の手腕は確かであるが、はたして急造の体制でどれだけ競争できるのだろうか。仮に好成績を収めたとして、それが「負の遺産」とならないだろうか。盛り上がりたい気持ちはあるのだけれど、一方で胸に引っかかるものがある。

 さて、今日はサッカーW杯の開催月ということで、「もし自分が日本代表の監督なら誰を選びたいか」かとういう居酒屋談義のノリで個人的な好みで選手選考をしてみた。

<システム> 4-1-4-1

    ハーフナー・マイク

   岡崎慎司 久保裕也

   遠藤保仁    山口蛍

長谷部誠

長友佑都 吉田麻也 昌子源 酒井宏樹

川島永嗣

 △交代選手:久保裕也→本田圭佑

       岡崎慎司→香川慎司

遠藤保仁→永井謙介

特に、ハーフナーマイクをターゲットにして遠藤保仁を経由した縦パスも早いサッカーを見てみたい。また、守備は吉田麻也を中心に組織的に守って欲しい。

 さぁ、いよいよW杯本番。日本人監督でグループリーグを突破できれば大いに盛り上がるだろう。国別対抗という形式はベストではないが、逆に各国のオールスターでメンバーを組めるのがW杯の魅力だろう。ボール1つで世界中が最高に熱くなれる。大会を通じてお互いを尊重する気持ちが広がって、世界平和に大いに貢献して欲しいと思っている。


21 views

Recent Posts

See All

『君の名は』〜「順番」が大切〜

東京の大都会に住む男子校高校生、立花瀧。そして飛騨の田舎に住む女子高生、三葉。まったく接点のない二人であるが夢を見るたびにお互いが入れ変わっていることに気付く。前半はそんなシチュエーションをおもしろおかしく描いているのだが、それは後半への計算し尽くされた怒涛の展開への伏線だった。隕石の降る夜に起こる2人の愛の形と世界の運命を変える(いわゆる「世界系」の)壮大な物語りである。 『君の名は』は2021

一流選手のメンタル力

東京オリンピックが新型コロナウイルのために平和の祭典は延期となった。社会的に大きな影響を与えたが、それは日々競技に深刻に打ち込む選手にも精神的に大きなものであっただろう。例えばハンドボールの東江悠斗は、「五輪が延期になったから成長できる」とあくまで肯定的に捉えている。一流の選手の言霊は違うなと思った。 池江璃花子選手日本選手権の女子自由形決勝で代表内的基準のタイムをクリアし、リレーメンバーとして五

『あの花の名前を僕達はまだ知らない』〜郷愁の中に咲く「あの花」〜

子どもの頃は抱いていた、でも成長するにつれて忘れてしまった大切なもの。それは、あの頃あの場所に咲いていた「あの花」。仲良し6人組は、メンバーの1人の不慮の事故死をきっかけに離れ離れになってしまった。その5年後、亡くなったヒロインは昔の願いを叶えて欲しいと再び主人公の前に現れる。メンバーの様々な気持ちが交錯するなかで、それでも願いの答え、そしてその先にある本当に大切なものを見つけようとする。ファンタ

Featured Posts

Categories

Archives