• Tom

『子どもと学校』 〜二項対立を超えて〜


 教育は議論しやすい。自分自身が通ってきた道であるし、親になれば学校との関係が出てくる。だから、目の前の事象ー例えば、生徒の問題行動などーに対して、白か黒かといった二極的な視点に陥りやすい。生徒の問題行動が善悪の基準でのみ図られると本来の教育が成立しないこともありえる。

 本書は、そうした二極的な論争を徹底して拝する。例えば、個人の確立や個人差の肯定などに基づく「父性原理(男性の目)」と、場への所属と包み込むような平等感による「母性原理(女性の目)」から見た社会の様相および教育方法の実際を分析する。このとき、どちらも肯定しつつ、成長過程の子どもや置かれた状況から臨機応変に両方の視野からの指導を模索している。本書の肝は「教育の現場は、既成の価値によって運営されるというのではなく、新しい価値を創造していく場としての意味を持つ」ことだろう。

 生徒指導も数十年前のアメリカで行われていたいっさいの妥協を許さない「ゼロトレランス」の導入から、「モンスターペアレンツ」の出現で叱責することさえ憚れる時代へとまるで振り子のように振り子のように動いている。どちらが正しいということではなく、生徒の発達段階や資質能力によってアウフヘーベン的に対応していくしかないというのが「公式」になるのだろう。目の前にいる生徒に対して、どの指導方法が適切なのかを見定めて指導する、そのための知識・技術、経験といった「引き出し」の多さが教師としての信頼や魅力などに繋がって行くのだろう。教育とはそれだけ曖昧で複雑で、だからこそ魅力的なものになるのかもしれない。

 生身の人間を相手にしているだから、確たる「公式」がないのも当然だ。…という言説もまた「公式」でなはない!という言葉遊びはここで終わりにしよう。26年も前に出版されたものであるが、臨床(現場)の立場から「断言を避けた断定」が色あせない価値になっている。

※参考文献

河合隼雄、(1992 2 20)、『子どもと学校』


17 views

Recent Posts

See All

AIが人間の力を借りることなくその能力を超越する技術的特異点[シンギュラリティー]に到達するのが2045年であると言われている。その未来予測は世界中で大反響を呼び、AIによる人類の恩恵と損害など様々が議論がなされている。AIとは何かを正しく理解するには、まずは本書がお勧めだ。実際、教育業界最大手のベネッセコーポレーションが大学入試小論文対策に挙げている推薦図書でもある。 新井紀子氏は国立情報研究所

初任校ではノートパソコンを活用した最新の講義型の授業をしていた(つもりだった)。当時は英文解釈が中心の予備校風の授業で、生徒に寝られたら見た目が悪いと必死だったが、結局テスト一週間前に演習させるのが最も力がつくなと感じていた。実はその秘密が「生徒の能動的な学習」だったのだろう。大学院での研究以降は、「アクティブラーニング推進校」などの経験から、生徒が「能動的に学ぶ」、そしてそれが結果的に楽しい授業

大学入試改革の中、英語科指導の中で最も大きく変化したのが共通テストの問題、特にリスニングの配点がリーディングと同じになったことだ。これは新学習指導要領が4技能重視のアクティヴラーニングを推進する以上のインパクトがある。結局、生徒の学習のモチベーションや教師側の求められる実績に直結するからだ。そういった理由でこの研修会に興味を持って参加した。 講義の結論から言うと、自分がある程度英語を極めた学習方法

Featured Posts

Categories

Archives